2017/11/14 20:17

今日は雨が降ったり止んだり。そんなに強い降りじゃなくて、夕べから通算で8ミリ程度。でもこのところ週に1〜2回は雨が降ってくれてなかなかいい塩梅です。

シャルル・ド・ゴール

アンナプルナ

あゆみ



どんよりとした空模様

今日はちょっと肌寒い感じがしました。

インカ

カワラナデシコ




数日前に植えた園芸種のナデシコ


順調に花が開いています。

オレンジ・マザーズデイ

楽園




これも先日植えたビオラ


ホワイト・クリスマス

イエロー・シンプリシティ





今日はアラビアンナイト(千夜一夜)の物語の大枠を形作る『シェヘラザード』のバレエ版。アラビアンナイトの始まりはペルシャのシャフリヤール王の時代、王は妃が奴隷相手に不貞を働いていると知り、妻と奴隷達の首を刎ねた。女性不信になった王は処女を毎日一人ずつ閨房に招いて一夜を共にし、翌朝女の首を刎ねた。王の側近達は困り果てたが、王のご乱行を止めるため一夜妻として大臣の娘シェヘラザードが名乗り出た。彼女は毎晩お伽に興味深い話を語り続けた。「続きはまた明日」が決まり文句で、王は続きを聞きたいがために、女を殺すことができなかった。

まあそんなこんなで、千と一つの物語を語ったと言われているんですが、18世紀に最初にヨーロッパに紹介されたときには200あまりだったそうですねえ。その後、全部で千にしようとして、ペルシャ以外のアラブや中国の物語、たとえばアリババ、アラジン、シンドバッドなんかがヨーロッパ人によって追加されていったんだとか。

物語の大枠があって、その中で個別の話が語られるっていうのはチョーサーの『カンタベリ物語』とか、あるいはボッカッチョの『デカメロン』あたりから始まっているのかな。

リムスキー=コルサコフの『シェヘラザード』は4楽章からできていて、シンドバッドとか苦行僧の物語りとか、何となく個別の物語を指しているようにも思われるんですが、具体性はあまりなさそう。ただ要所要所に顔を出すヴァイオリンのソロによるシェヘラザードのテーマは印象的です。ちょうと今頃の季節、上田敏が名訳を残したヴェルレーヌの詩が思い起こされます。

秋の日の
ヰ゛オロンの
ためいきの
身にしみて
ひたぶるに
うら悲し。
鐘のおとに
胸ふたぎ
色かへて
涙ぐむ
過ぎし日の
おもひでや。
げにわれは
うらぶれて
ここかしこ
さだめなく
とび散らふ
落葉かな。


このポエム、第2次大戦の「ノルマンディー上陸作戦」の直前にフランスのレジスタンスに工作を指示する暗号としてBBCが発信したことでも有名。ドイツもそれを傍受していて上陸作戦を表す暗号であると解読していたそうで、西部戦線の各師団に警報が伝えられたそうですが、なぜかノルマンジーの第7軍には伝わらなかったんだとか。

さてさてバレエですが、これは千夜一夜の「そもそも」を描いた作品で、リムスキー=コルサコフが残した副題とも全く関係ない、シャハリヤール王の奥方ベゾイダの不倫物語です。王が狩りに出かけているすきに、後宮の女達は監視役の宦官を手なづけて、男性奴隷の部屋の鍵を奪います。次々と姿を現すマッチョな男達。女達はつかの間の性の宴に興じます。ベゾイダの相手はその名も「金の奴隷」。快楽に溺れている最中、王が突然帰ってきて、女と奴隷も皆殺しにします。騒ぎの中ベゾイダは兵士から奪った小刀で自害します。

ザハロワがベゾイダ、肉体派のルジマトフが金の奴隷です。ザハロワはボリショイ・バレエに移る前、マリインスキー・バレエにいたんだそうで、そのパリ公演の様子らしい。シャンゼリゼ劇場か、シャトレー座でしょうか。

冬に向かって2017/11/13 15:43

最高気温は17℃ぐらい。最低気温が7.7℃。ちょっと冷え込むようになってきました。お日様が低くなって、午後になると南側の建物の陰に隠れるようになってしまいました。

今日は曇り時々晴れって感じ。

時折日は差すんですが弱々しい。



いろいろ苗を植えたんで、午前中にたっぷり散水しました。



あゆみ

ブルー・ムーン

アンナプルナ


コルデス・ペルフェクタ

インカ

ラ・フランス

楽園

ザ・マッカートニー・ローズ


オレンジ・マザーズデイ


先日植え付けた園芸種のナデシコ




イエロー・シンプリシティ




スヴェトラーナ・ザハロワが踊る『ドン・キホーテ』のキトリ。相方はアンドレイ・ウヴァーロフ。この人はもう引退しちゃって、ダンチェンコ劇場だったかの支配人みたいなことやってるらしいです。典型的な王子様タイプのダンサーでした。上野の文化会館でチラッと見かけたら、ヒゲを生やしてロシアの熊さんって雰囲気になっちゃってました。

まずは第3幕のグラン・パ・ド・ドゥ。有名な32回転は12分30秒過ぎからです。ザハロワは4拍目で2回転することもあって、実際には36回ぐらい回っています。

第1幕の名場面集。ザハロワって股関節が柔らかいんですよねぇ。開脚が180°以上いっちゃってるように見えるんだけど。

片手リフトが見所のタンバリンの踊り。

キトリ登場。扇の踊り。ここでもジャンプの空中姿勢で、足が180°以上開いています。

キトリのヴァリアシオーンと呼ばれるカスタネットの踊り。

ブレンドゥルフ指揮の読響 ショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番 リムスキー=コルサコフの『シェヘラザード』他 @東京芸術劇場2017/06/14 11:50

昨日(6月13日)は池袋の芸術劇場で読響を聴いてきました。指揮はダニエル・ブレンドゥルフ。スウェーデンの若手らしい。若手と言っても1981年生まれ。チェリストとして活躍した後、指揮者に転向して、2010年に音楽院を卒業したそうだ。実際にオケのメンバーだったりしたわけで、緻密なアンサンブルを聴かせてくれました。

まず、シベリウスの『トゥオネラの白鳥』。さざ波を表す弦のトレモロに乗ってコーラングレがなんとも表現しがたいメロディーを吹き始めるあたり、三途の川に立ち上る朝霧を背景にした白鳥の姿が浮かび上がってくる。とらえどころのない茫洋とした音楽ですが、うん言われてみればシベリウスは確かにワーグナーに心酔していたのかなって感じがします。ワーグナーほど直接的な感情表現をするわけじゃなくて、むしろ叙情が勝っている音楽なんですけど、そこら辺のバランスの取り方がこの指揮者はうまい。チェロのソロもよかったですね。コーラングレと噛み合うとか、対話するといった作りじゃないんだけど、そこはかとない悲しみを共有するかのように、そっと寄り添う響きがたまらなかったね。

2曲目は宮田大をソリストに迎えて、ショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第1番。この日一番期待していた曲です。宮田大という人は初めて聞きましたが、スケールが大きいとか、熱演型とか、よくありがちなチェリストとは一線を画す、どちらかというと知的な演奏をします。有名な無休動のような主旋律が高揚し、また静かになり、オケと複雑に絡み合って進行していく、そのあらゆる場面での鳴らし方、音色、リズムの弾き分け方がみごと。ちょっと瞑想的なカデンツァから第4楽章へ突入していくあたりの、テンポの揺らし方が絶妙でした。指揮者も元チェリストだけあって、自家薬籠中の一品なんでしょう、見事なサポートを聴かせてくれました。それからホルンよかったよ。

後半はリムスキー=コルサコフの『シェヘラザード』。まあ、名曲コンサートらしいと言えばそれまでですが、でも実演で聴くのは何年ぶりかなぁ。ちょっと思い出せない。久しぶりにこの曲に接して、よくできた作品だなぁと、しみじみ感じ入りました。ブレンドゥルフは緻密なアンサンブルを基本に置きながら、この曲ではスケールの大きな音楽を聴かせてくれました。この曲、「交響組曲」と銘打っているんですね。確かに聞き通してみるとシンフォニーと言ってもいいような楽章構成だし、とりとめもなくきれいなメローディーが出てくるなぁと思っていた部分も、よく練られた音楽なんだなと改めて感じ入りました。指揮者の意図が隅々まで徹底されて、しかも自然に湧き上がるような音楽の愉悦感がたまらなくよかったですねぇ。

***************
シェヘラザードというと、演奏会で聴くよりバレエで見る機会が多いように思います。その場合音楽はあくまでもバレエの伴奏であって、音楽の内容にまで聞き耳を立てることは滅多にないわけです。ロシアバレエ団のフォーキンの振り付けは、リムスキー=コルサコフの曲を使いながら、全く別物のストーリーを作り上げています。アラビアンナイトの「外枠」となるシャハリアール王の妃ベゾイダの不倫物語。マリインスキー時代のザハロワ(ベゾイダ)とルジマトフ(金の奴隷)です。




*****************
昨日(13日)から今朝まで、時々雨が降ったみたい。雨量は2日で13ミリとか、そんなところ。でも近頃ずっと乾いていましたから、屋上の草木にとっては慈雨でした。


ドゥフトヴォルケ。雨を吸って、頭が重くなったみたい。

芳純とドゥフトヴォルケ(左下)


朝方屋上に上がってみたら、芝生もバラもしっとりと湿っていました。


ユリが咲き始めると、ちょっと華やかになります。



カワラナデシコはそろそろお終い。

春先にはお投げ入れ状態だった西側の花壇、すっかり夏の装いです。

が、ヒューケラがまた咲き始めました。

マツバボタン


マツムシソウ


坊主のトンスラ


パパメイアン




つるバラ、スペクトラ


ストケシア

ほったらかしですが、2年目になって見違えるほどきれいな花を咲かせています。

暖かな一日2017/01/10 16:36

最高気温12.7℃。快晴無風で外を歩いていると汗が出てくるほど。ホントに穏やかな一日でした。

ドピーカン


レディ・ヒリンドンはまだ蕾がたくさん。


ザ・マッカートニー・ローズ

昨日の雨ですっかり花の形が崩れちゃいました。

冬のコニファー。手前のは鮮やかな黄緑ですが、奥のやつは冬になると焦げ茶色に変色します。でも春になるとまた緑に戻ります。

花壇のミニバラ

朝日。屋上の日の出は8時半ごろ。2階だと9時半ごろ。お日様は南東方向のビルの背後から昇ってきます。



クロチルド・スーペール(粉粧楼)。ゆっくりとですが、花が開いています。

ハツユキカズラの紅葉

これも春になると緑に戻ります。

ナデシコ



黄色のミニバラ



オールド・ブラッシュはほぼ満開です。

まだもうちょっと蕾があるか。

オレンジ・マザーズデイはこれでおしまいです。

パーゴラのつるバラ。今が一番すっきりしています。葉っぱが出たり花が咲いたりすると、かなりゴテゴテします。いや、し過ぎます。このくらいがちょうどいい!

冬の名残のサハラ




今日もオシポワで、コッペリア第3幕からスワニルダのヴァリアシオン。

かなり降りました2017/01/09 15:35

朝には止むという予想を覆し、昼頃まで雨が降り続きました。合計30ミリぐらいかな。真冬にしてはまとまった雨でした。屋上の植物もほっと一息。

雨が上がった午後の屋上。雲行きが変ですね。冬の雲じゃない。

芝生も雨をたっぷり吸って、生き生きしています。

雨に打たれてちょっとかわいそうなザ・マッカートニー・ローズ

モミジの枝

土曜日の夜に注文したマツムシソウ(スカビオサ)がもう届きました。土日祝日関係無しに営業しているのかな。注文先を改めて見直したら、横浜のナーサリーでした。

3号ポットの苗を一つ一つ紙でくるんでありました。輸送中に葉っぱ同士が擦れないようにってことなのかな。

なかなか立派な苗です。これで一つ198円はなかなかお値打ちじゃないかな。

濃い紫色あるいはブルーに近い花が咲くんで、ブルー系がないバラのそばにアクセントとして定植しました。4年ぶりぐらいかな。うまくいくとコントラストがきれいなんです。

なんかほうれん草かタンポポみたいです。つぶつぶしているのは、昨日撒いたカニガラのペレットです。


(追記、午後4時半)
アーベントロートと月





今日はバレエの映像。かつてはボリショイの名花、現在はロイヤルバレエのプリマ、ナタリア・オシポワのフェッテ(回転)集。