明日はまた雨2021/04/16 15:48

天気予報によると明日はまた雨が降るそうだ。今頃の時期の気温の平年値が9.5℃/18.9℃。今日の気温が8.2℃/19℃。京都から戻ってからずっと平年並みの気温が続いています。あのままの気温が続いていたらもうバラがかなり開いている頃ですが、まあうまく平衡がとれているんですねぇ。今日は一日曇りのはずでしたが、午後になってちょっと日が差してきました。


西の空は雲が厚く垂れ込めています。


マーガレット









ツツジは満開です。


アイリス




シラン






オダマキとノースポール




マダム・アルフレッド・カリエールが一輪咲きそうです。




今日は中世のダンス。サルタレッロという速い3拍子の曲。メンデルスゾーンの頃にもナポリで踊られていたとか。ひょっとしてタランテッラの系統かな?

雨上がり2021/04/15 10:52

昨日は一日雨が降って、雨量は30ミリほど。特に夕方から夜にかけて一時強く降ったみたいです。今日は一転してピーカン。


雨で空気中の埃が洗い流されたみたいです。




ヒラドツツジが満開になろうとしています。




園芸種のナデシコ


アイリスが満開です。


黄色のアイリスの花芽も上がってきました。


芝生もなかなかいい状態です。


オールドブラッシュ






オダマキ


シランとノースポール


玄関先のクルメツツジ








13世紀のエスタンピー。

すっかり春の装い2021/04/13 16:40

京都に行っている間に、屋上はすっかり春になっていました。

2月頃植えたピンクのマーガレットが咲き始めました。


オダマキ


シラン


アイリス





つるバラのパレードがもう咲いています。


3月に買ってきたエニシダがまだ咲いています。


アンジェラが咲き始めました。




薔薇の葉っぱが本格的に茂ってきました。


2月頃にモミジの細枝を全部切ったら、幹から猛烈な勢いで芽吹いてきました。右のサルスベリも芽を出しています。


京都から返ってきたらちょっと寒さがぶり返して、真冬のように澄んだ青空になりました。






ヒラドツツジが満開になってきました。






ノースポールとビオラも満開です。


斜向かいの現場は順調に棟上げが終わったところ。




中世の器楽曲エスタンピー。ドイツ語の写本の断片から創作したらしい。

春霞2021/03/27 10:31

昨日は22℃まで上がりましたが、今日はそこまでは行かないみたいです。それでも朝からポカポカ陽気。10時には15℃を越えています。


春霞。秋田の地酒みたいですが、暖かくなってくると植物からの蒸散が多くなり、空気中の水分が増えるってメカニズムらしい。






春たけなわです。




シランの蕾が膨らんできました。


朝日に照らされて新緑が眩しく感じられます。




カタクリ


アリウム・ロゼウムと(サントリーの)ナデシコ




去年も話題にしたかもしれません。ドイツの童謡「ほら、そこに小鳥さんたちがみんな来ていますよ・・・」

日本では『霞か雲か』。初めはものすごく難しい歌詞だったみたい。

日本語の歌詞は3通りか4通りあるらしい。

ポカポカ2021/03/26 11:32

昼前に20℃を越しそうです。現在19.4℃。快晴、ほぼ無風。


いい天気なんですが、ちょっと霞んでいます。




スノー・フレイク


ムスカリ


今年は芝生の色が緑になるのが早いですねぇ。


ヴェロニカ








一昨日農協で買ってきたエニシダ。


一株で甘い香りがあたりに漂います。


レディ・ヒリンドンの新芽


バラの新芽がどんどん展開しています。


眩しい春の光


マーガレットがやっと一輪咲きました。伊豆あたりでは1月から満開になるんですが、東京はやっぱり遅いですねぇ。


ツツジの蕾が膨らんできました。


アリウム・ロゼウム


これは恐らくユリの芽かな。


チオノドクサ。名前はギリシャ語のキオン(雪)とドクサ(輝き)から来ています。


カタクリ


こっちのほうがそれらしいかな?


オールド・ブラッシュの蕾


パレードにはこんな大きな蕾が。




マルクス兄弟。今日はチコとハーポ。連弾ですが、低音がハーポ、高音がチコです。