ジャン=ギアン・ケラス&フレンズ トラキア・プロジェクト2018/09/24 15:23

池袋の仇を三鷹で討つ。ちょっと喩えが悪いかな。22日(土曜)の都響の演奏会が何かと不満が残るものだったので、昨日(23日)は三鷹まで出かけてケラスをもう一度聞いてきました。三鷹市芸術文化センター風のホールという所。存在は以前から知っていて、いい音楽会をやっているなとは思っていたんですが、如何せんうちから結構遠いし、チケットの受け取りや支払いが面倒くさい。ということでずっと敬遠していたんですが、今回は当日支払いでいいということで聞きに行ってきました。日曜の昼下がり、快速だか特快だかで、新宿から2つ目。うちを出てから40分ぐらいで三鷹に到着。南口はまるで土地勘がないんですが、道はわかりやすくて、途中でうまい蕎麦屋を見つけたりして、ちょっといい気分でホールに到達しました。築25年になるそうですが、なかなかシャレオツな建物。隣の小さいホールでは落語をやっていて、こちらは満席のようでした。風のホールは席数が600ちょっと。柔らかくて豊かな響きがする素敵なホールでした。残念ながらお客さんはキャパの半分ぐらいかな。

トラキア・プロジェクトという副題にさらに〜クラシックとギリシャ・ペルシャ伝統音楽の架け橋〜という添え書きがついていました。出演者はチェロのケラス。この人、生まれはカナダで教育はフランスで受けたそうだ。ケイヴァンとビヤンのシェミラーニ兄弟が打ち物。二人ともフランス生まれで、イランの打楽器ザルブとダフの名手。それにギリシャ出身のリラ演奏家ソークラテース・シノプロスが加わった4人組でのステージ。リラというとアポロンの竪琴が思い出されますが、そっちじゃなくてクレタ島に伝承されてきたという弓で弾く弦楽器のこと

トラキア・プロジェクトという副題の通り、主にギリシャ北部地域の伝承音楽に基づく音楽を中心にステージは進行。ちなみにトラキアってのは、バルカン半島のエーゲ海北部地域からブルガリアにかけての地域。現在ではギリシャ北部、ユーゴ解体後に出現したマケドニア、それにビザンツ(コンスタンティノープル、イスタンブール)、ブルガリアなんかが含まれるんでしょうか。ギリシャ神話では有名な音楽の神様オルフェウスの故地ということになっています。

ロス・ダリーのカルシラマは民族舞踏のリズムに乗った作品。どっぷりとギリシャ・トルコのフレーバーに包まれます。ソクラティス作曲の「ニハーヴェント・セーマイ」は短3度の音程が奇妙に鼻につく、じゃなくてオリエンタルな情緒を醸し出すリラとチェロの歌い交わしに打楽器が入ってきて、徐々に盛り上がっていく面白い曲。続いて土曜の演奏会でアンコールに弾いたデュティユーのストローフをケラスが独奏。ホールの響きの良さと相まって、チェロの技巧と音色を満喫しました。さらにシェミラーニ兄弟の打楽器の即興演奏。どの曲もそうなんですが、リズムのパターンが一筋縄では理解できないんですねぇ。首を振ってリズムを取ったりってことがまるでできない。9/8拍子だとか。10/8拍子だとか。4分音符で考えると、どこかに0.5拍が入り込んでくるような奇妙な感覚に陥ります。

ともかくこんな感じでワールドミュージック風のサウンドが心地よく流れていきます。後半はまず、ケラスの独奏でゾルタン・コダーイの有名な無伴奏チェロ・ソナタの第2楽章。コダーイの曲自体ハンガリーの伝承音楽を意識して作曲されているんだと思いますが、ワールドミュージックの観点からは、ギリシャ=トラキアの曲の中に入ってもまるで違和感がない。しかしまあ、ケラスはうまいですねぇ。手練手管の限りを尽くして作られているこの曲を実に明快に解きほぐして聴かせてくれました。後半はリラとチェロのメロディーの鳴き交わしのような曲も多くありましたが、3度や6度といった音程で奇妙に調和する瞬間があって面白かったですねぇ。擦弦楽器の歌とパーカッションの繊細なリズム感が実に楽しい演奏会でした。

この手のワールドミュージックの演奏会って以前はよくあったんですが、最近はご無沙汰ですねぇ。ピーター・バラカンなんかがよく出没していました。思うに親会社の主婦の友が傾いて、駿河台のカザルス・ホールも行き詰まり、よりによってあの日大に身売りして、その揚げ句に取り壊されて・・・あのあたりから日本の音楽シーンがずいぶん変わってきたように思う。それに加えて、千駄ヶ谷の津田ホールも閉じちゃったしなぁ。

トラキア・プロジェクトの演奏風景

リラのソークラテース・シノプーロスのジャムセッション



***************
昨日(23日)の最高気温29.9℃。ほぼ真夏日。かなり暑かったですねぇ。今日も28.8℃。

赤とんぼ、羽を取れば唐辛子。


またツマグロヒョウモンの雌がやってきました。

アンジェラ

ブルー・デイジーの花が増えてきました。

今日も曇りがち。時々薄日が差してくるような天気です。




ハツユキカズラ


ナデシコも花が増えてきました。

サハラ

つるバラは一足早く秋のシーズンに入ったみたい。

スペクトラ



ケンタッキー・ブルーグラスの新芽についた水滴。

三脚を使うと水玉の中に映り込んでいるものにぴったり焦点を合わせられるんですが、セッティングするのが面倒なんで、手持ちでいい加減にカシャカシャやってます。




ローレンス・レネス指揮の都響、ジャン・ギアン・ケラスのチェロで武満『オリオンとプレアデス』、ホルスト『惑星』他2018/09/22 19:42

今日(9月22日)は池袋の芸術劇場で都響のマチネを聞いてきました。元々オリヴァー・ナッセンが振るはずだったんですが、7月に亡くなってしまって、急遽オランダの若手ローレンス・レネスという人が振りました。まずそのナッセンのFlourish with Fireworks op.22 (1993)という極めて短い4分ほどの曲が演奏されました。そんなに狭くはない舞台上に所狭しと100人ぐらいは乗っていたでしょうか、それが過積載で突然崩れ・・・そんなこたぁない。なんだか煌びやかで色彩豊かな音がしていました。次にソリストにケラスを迎えて、武満の『オリオンとプレアデス—チェロとオーケストラのための』(1984))が演奏されました。これもステージ一杯に楽員が並んで押し合いへし合い状態。だけど出てくる音はホントにかそけき音。たまにギュワーンと金属疲労を起こしかけた鉄骨がひしゃげるような悲鳴。時々合いの手を入れるようにチェロのなんだかわからんけどありがたそうなソロ。これが30分近く続くと、聞いている方はかなり拷問に近い。ハズキルーペ同様、武満だ〜い好きって人がいることは知っていますが、わたしゃだめだ。その昔、Nキョなんか聞きに行ってた頃は、たま〜に武満の初演物なんかがあって、本人が舞台で挨拶して、帰りに宇田川交番の前を通ると、あの当時は交番の井の頭通りに面した一画にしだれ柳が植わっていて、「武満のヘアスタイルにそっくりな枝振りだなぁ」なんて思いながら渋谷の駅に向かってトボトボ歩いたものです。それで宇田川交番のところの柳は我が家では「武満柳」と呼んでいました。あの頃から武満はどうも苦手。

後半はホルストの『惑星』。お恥ずかしい話ですが、実演を聞くのは初めて、レコードでも全曲聞いたことがない。まあホルストが星占いに感化されて作った曲だってくらいは知っていましたが、全体通して聞いて、さほど面白いとは思わなかったですねぇ。ただ、武満でかなりストレスというか不満が溜まっていたので、火星や木星で思いっきりオケが鳴らしてくれて、まあスカッとしました。海王星の最後の不思議なコーラスはきれいでした。でもこんな曲もう二度と聞きたいとは思わないし、もう一度聞く機会もないだろうなぁ。今日のプログラムは煌びやかな色彩ときらめく星がテーマだったのかな。まさにcelestial、チェレスタが大活躍の音楽会でした。



*****************
今日は最高気温27.6℃。朝方まで雨が残って湿度もずっと70%近く、かなり蒸し暑い一日でした。


今日は夕方までどんより曇っていましたが、音楽会が跳ねて外に出たら暑苦しく日が差していました。

このところ雨が多いんで西洋芝は回復基調です。




アリスター・ステラ・グレイ

ブルー・デイジー

花壇はマツバボタンが満開



イエロー・シンプリシティ

パレード

パーゴラのつるバラ

サハラ


11日にバラを剪定して、新芽がかなり伸び始めました。



中にはこのくらいで蕾がついちゃうのもあるんですが、さすがにまだ早すぎるんで、摘蕾しています。

ケンタッキー・ブルーグラスの新芽に付いた水滴。




2018/09/21 14:14

昨日からずっと、しとしとと柔らかな雨が降り続いています。2日間の合計で40ミリちょっと降ったでしょうか。今朝の最低気温は15.6℃。気持ちいい気温です。今日は写真も撮れないので昨日撮った水玉の写真。


芝生の新芽の頭に乗った水玉。

クローズアップ





モーツァルトのK.621『皇帝ティートの慈悲』からバセットホルンのオブリガートが付いた有名な一曲。第2幕の23曲、ヴィッテリアのロンド「花の美しいかすがいを編もうと」。まずバルトリ姐ちゃん。序奏からクラリネットの音色が聞こえてきますが、実は通常のB管より4度低いF管のバセットホルンです。1891年9月にプラハで初演された時、アントン・シュタットラーがバセットホルンのソロを担当したそうです。

雨が降り始めた!2018/09/20 14:07

予想屋によると、今から明日の晩まで雨が降り続くんだそうだ。まさに慈雨。先週芝の補修を終えてから雨がよく降ってくれます。ホントにありがたい。本日は気温も多少下がって、最高気温は24.6℃。

午前中に芝刈りをしようと思って屋上に上がったら、雨がパラパラ降り始めました。どうしようかと思いましたが、芝刈りを強行。結局その時の雨はすぐに止みました。







前回芝を刈ったのは9日。

かなりボサボサになっています。

11日振りの芝刈りです。



かなり伸びていて、1往復するたびにバスケットを空にしないと刈りかすが溢れてしまいます。



30分ほどで芝刈り終了。



補修蒔きの種が発芽したのと、ブラウンパッチの部分が回復してきたために、このあたりはかなり緑が戻ってきています。11日の様子。


まずまずすっきりしました。

気温が下がって、雨がよく降ったせいか、刈り取り量は45リットルのゴミ袋に2/3ぐらい。かなりありました。

アンジェラ

ブルー・デイジー

カワラナデシコ


イエロー・シンプリシティ

マツムシソウ



『皇帝ティートの慈悲』の舞台映像。まずメトの映像で、ガランチャの「私は行く」。

ザルツブルク音楽祭のライブ映像。映画『サウンド・オブ・ミュージック』の最後、音楽祭で「エーデルワイス」を家族揃って歌うシーンに使われたことで有名な野外劇場フェルゼンライトシューレです。こちらはアンニオとセルヴィーリアの二重唱、「ああ、昔の愛情に免じて」。ガランチャとバーバラ・ボニー。ガランチャはやはりズボン役のアンニオを歌っています。ザルツブルク版宝塚。

暑い!2018/09/19 15:22

最高気温28.4℃。もうすぐお彼岸という時期にこの暑さは堪えます。

朝からピーカンです。



アンジェラ


ナデシコ


昨日の夕立。縦軸が10ミリまでしかないのではみ出して10分間で24ミリ。それが20分続いているんで48ミリ。この後もかなり降って合計58ミリでした。


芝生の新芽。夕べの雨のお陰でよく伸びています。


日に日にグングン伸びています。

ドリフト・ローズ


ハツユキカズラ






モーツァルトの『皇帝ティートの慈悲』K.621から第1幕第9曲セストのアリア「私は行く」。
今日はバルトリ姐ちゃん。5分あたりからのメリスマはド迫力です。バックはアバド指揮のルツェルン祝祭。クラリネットはカラヤンのお気に入りザビーネ・マイヤー。