寒い2018/02/18 15:43

久しぶりに最低気温が氷点下、最高気温も9℃に届かず。しかも昨日以上の強風が吹き荒れて、凍えるような寒さに感じられます。

ザ・マッカートニー・ローズ


イエロー・シンプリシティ

強い風が吹いているせいか、空はすっきりピーカンです。



少しずつですが、春の花壇になってきました。



カロライナ・ジャスミンを処分した鉢に、ノースポールが芽を出して花を咲かせていました。


今日のクロッカス





ヴィヴァルディのいろんな楽器のためのコンチェルト。今日はビオンディの演奏でRV558。トロンバ・マリーナのヴァイオリン2台、リコーダー2本、マンドリン2台、シャルモー2本、テオルボ2台、チェロ1台。それに弦楽合奏と通奏低音。トロンバ・マリーナのヴァイオリンというやつが意味不明な楽器で、トロンバ・マリーナというのは中世の弓で擦るハープなんですが、ビオンディはヴァイオリンのブリッジにちょっと仕掛けをして華やかな音色にしているようです。ヴァージンの録音セッションの映像です。

ポカポカいい陽気2018/02/17 16:12

昼間は12℃を超えてポカポカいい陽気でした。昼過ぎに前線が通過したらしく、一天にわかにかき曇り、ちょっと風も吹きましたが夕方にはまた晴れてきています。

晴れてはいるんですが、ちょっと靄っているような空です。


春霞とでも言うのかな。

花壇がちょっとだけ春めいてきました。



ブルー・デイジー



楽園




イエロー・シンプリシティとアリスター・ステラ・グレイ(白)

ちょっと留守していた間に、クロッカスの花が増えました。







隣の現場。建前が終わってシートがかぶせられていました。

横丁のお稲荷さんの祠のようなのが屋根の上に。よく見ると片流れの屋根の左側に平らな部分が。木造3階建てに屋上をつけるらしい。



ヴィヴァルディのいろんな楽器のためのコンチェルト。フルート2本、オーボエ、シャルモー、ヴァイオリン、ガンバ2台、トランペット2本、チェンバロ2台、それに弦楽合奏と通奏低音。サバル御一行の演奏です。

温泉2018/02/16 19:43

今年は結構寒かったんで、まあそれを言い訳にプチ温泉旅行。下田の老舗と言えば聞こえがいいけどオンボロホテルがリニューアルして1周年。お得なプランがあるってんで、あまり好きなホテルじゃないんだけど、ちょっと行ってみました。

ここに泊まるのは10年か15年振り。夕方チェックインの直後、部屋の窓からの眺め。椰子の木の影からわかるとおり、強烈な西日です。


確かに絶景が見られるホテルだったと、思い出した次第。


海に向かって大きな窓がある部屋。

内装はきれいになったけど、大規模改修という割にはあまり変わり映えしない建物です。

絵に描いたような海の色。




この川沿いを歩いて下田の港からペリーは下田条約の交渉・締結を行った了仙寺に向かったんだそうだ。


了仙寺の紅梅

ホテルの庭

スイセンはもうとっくに盛りを過ぎています。

ノースポールの芽はうちと似たり寄ったりです。自然に生えてくるのがいいね。

さてさて、2月に下田に来たらやっぱり河津桜ですよね。ホテルの庭に植わっているのは、この近辺でも一番開花が早い株だというんですが、それでもこんなもん。1分か2分といったところです。

アップにするとまあ見られないことはないけど・・・



結局下賀茂や河津の桜祭りには行きませんでした。

そんなわけで、綺麗どころの写真です。一昨年2月中旬の下賀茂の桜。

この年は本当にみごとでした。人もほとんどいなかった。

3年ぐらい前。河津桜とメジロ。

この年は開花が早くて、2月7日頃の写真です。



クロッカスが咲きました2018/02/12 15:35

昨日とは打って変わって今日は快晴無風。暖かい日差しが降り注いでいました。南側200メートルほど先のタワーマンションの上を太陽が通過するようになって、いつの間にか一日中日が当たる季節になっていました。


春の陽気に誘われたんでしょうか、クロッカスが咲き始めました。例年に比べて2週間ぐらい遅い感じです。




一番日当たりがいい北西側の花壇ですが、まだこんなもん。6輪ほど。

きれいな空です。


球根の芽が朝日に透き通って見えます。



ザ・マッカートニー・ローズ

レディ・ヒリンドン


毎年一番最後まで咲き続けます。

春の息吹





ヴェロニカ。花の直径は7ミリかそこらです。

アリスター・ステラ・グレイ

ブルー・デイジー


イエロー・シンプリシティ





昨晩、なんか見るものがないなぁって思いながらテレビのチャンネルを回していたら、ジェラール・ドパルデューのガストロノミー番組をやっていましたBS11だったかな。ドパルデューというとまず思い出されるのが『めぐり逢う朝』のマラン・マレ役。フランスに長くいた知人によると、監督のアラン・コルノーは当初、千利休の映画を撮りたかったというんですねぇ。利休なんて日本人でもよくわからん人物だよ。で、結局あきらめてサント=コロンブとマレの物語にしたそうだ。それにしてもわかりにくい映画だ。音も映像もとびっきり美しいんだが・・・

もう一つ娯楽超大作の方では、大きなお鼻のシラノ・ド・ベルジュラック。これもドパルデューの代表作。「バーカ」の一言がきっかけで始まる有名な決闘シーン(2分12秒)です。詩人で剣豪のシラノは即興のバラードを唱えながら相手を倒します。

どちらも1990年前後の映画なんですが、昨日テレビに登場したドパルデューはこんな様子。以前から大柄な人ではあったんですが・・・

暖かくなりました2018/02/11 16:04

どんより曇って薄暗い一日でしたが、気温は15℃近くまで上がったらしい。平年だと3月の20日過ぎの最高気温です。

午前中は多少陽が当たる時間帯もあったんですが、昼過ぎからはどんよりとした曇り空。


昨夜の雨量は1ミリ。地面がしっとりと湿っています。



イエロー・シンプリシティ

楽園




ビーバーのトランペット・ソナタ。