ちょっと失礼2021/01/31 13:50

ガースーギーの言葉に誠意のかけらも感じられないという話。蓮舫が国会で質問していましたが、これに対してガースーが「失礼じゃないか。去年9月に就任してから、1日も早く日本に安心を取り戻したいと必死に取り組み、できることはしてきている。ことばが通じる、通じないというのは、私に要因があるかもしれないが私自身は、精いっぱい取り組んでいる」と居直ってみせたそうだ。

色々思い返してみてもガースーギーが「必死に取り組み、できることはしてきている」という気配を見せたことはただの一度も思い出せない。ずっと一貫して命令形の「旅行に行け」キャンペーン固執して、新型コロナの感染を全国に広めてきた功労者だ。ガースーの「失礼じゃないか」という発言を聞いてまず思ったのは、「下手の考え休むに似たり」あるいはより正確には、「馬鹿の考え休むに似たり」。そうかやっぱり、「最後は生活保護がありますから」ってことだね。そこまでよ〜く考えてるんだ。

衆議院神奈川選挙区。神奈川第2区がガースーギー。神奈川1区は銀座の夜の男、松純(松本純)。神奈川6区には次の総選挙に公明党(創価学会)のキャバ彦こと遠山清彦が九州から鞍替えで出てくるんだそうだ。11区がセガレ小泉。13区が土建屋とURの橋渡しをして1200万円を背広の内ポケットに入れた甘利明。ヤクザもんがゾロゾロ出てきますねぇ。ちなみに15区からは河野太郎w

あまりにも腹の立つことばかりで、一言言いたくなっちまいましたが、今日もドピーカンでございます。




気温は昨日よりちょっと上がって11℃。




日当たりの良いところでは明らかに芝生の新芽が動き出しています。


ただし2月もそう暖かい日が続くわけでもないでしょうから、このまま緑が濃くなっていくとは考えにくい。






モーツァルトの酒の歌というと有名なのは『後宮からの誘拐』第2幕の「バッコス万歳」。トルコのハーレム。見張りのオスミン(イスラム教徒)を酒で誘って眠らせようとする作戦です。


おまけ
『後宮からの誘拐』序曲。ヤーコプス指揮のベルリン古楽アカデミー。のっけから太鼓とシンバルが大暴れします。

いい天気2021/01/30 13:41

今日はちょっと寒い! 2時近くなっても最高気温が7℃台です。ピーカンですが、ちょっと風が強いぞ。






バラの葉っぱをむしっているところ。




ナデシコ


ビオラ




最後のレディ・ヒリンドン。




ストロベリー・アイス


葉っぱを落とす前のレディ・ヒリンドンとザ・マッカートニー・ローズ(左)


反対側から。レディ・ヒリンドンとザ・マッカートニー・ローズ(右)


葉っぱを落としたところ。






『ドン・ジョヴァンニ』第2幕。レポレッロにエルヴィーラを連れ出させたあと、ドン・ジョヴァンニがエルヴィーラの女中を口説くセレナーデ。「窓辺に出でよ」。先年脳腫瘍で若くして亡くなったロシアのバリトン、ホロストフスキーです。

ドピーカン2021/01/29 11:55

昨日は天気予報が大外れ。午後からちょこっとですが雪がちらつきました。雨量は8ミリ。それでもこのところ、雨がよく降ってくれて助かります。


今日はぐんぐん気温が上がっています。昼ちょっと前に9.5℃。




空気が洗われたように遠くまで見通しが効きます。芝生もちょっと緑が戻ってきたようにも見えます。


名残のイエロー・シンプリシティ








春の兆し





モーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』から「シャンパンの歌」。歌詞にはシャンパンという言葉は出てきませんが、どういうわけか「シャンパンの歌」ってことになってます。盛大なパーティーを開け。踊れ、騒げ。でもその間に拙者は女の名前を(カタログに)10人ばかり増やしてやるぞ。クヴィエチェンのドン・ジョヴァンニです。

ちょこっと雨2021/01/27 15:43

早朝にちょこっと雨が降ったようです。屋上はちょっと湿っていました。雨量は1ミリ。



ハツユキカズラの紅葉




雨が上がってもどんより曇っていました。




ビオラ






最高気温はなんと16.4℃。でも雨上がりで寒々とした景色です。


ストロベリー・アイスがまだ咲いています。



『ドン・ジョヴァンニ』第1幕から。村の結婚式。新郎マゼットから新婦ツェルリーナを強奪したドン・ジョヴァンニは5分で新婦を口説き落とします。

*************
第9場 
ドン・ジョヴァンニとツェルリーナ

ドン・ジョヴァンニ
やっと自由になれたな 
かわいいツェルリーナ あの大馬鹿者から 
どうだ 愛しい人よ うまく行ったであろう?

ツェルリーナ 
旦那 あたしの夫ですよ…

ドン・ジョヴァンニ 
誰が?あんなのがか? 
お前は思うのか この名誉ある男が 
自らを誇りとする高貴なる騎士が 
耐えらるなどと その愛らしい小顔が 
その砂糖のように甘い顔が 
あんな粗野なけだものに汚されるのを?

ツェルリーナ 
でも 旦那さま あたし約束したんですよ 
あの人と結婚するって

ドン・ジョヴァンニ 
そんな約束には 
何の価値もない お前は造られてはいないのだ 
農家の嫁となるようには 別の運命が 
呼び寄せられるだろう そのいたずらっぽい瞳で 
その美しい唇で 
その白く香ぐわしい指先で 
私には思えるぞ 乳清に触れ バラを嗅いでいるように

ツェルリーナ 
ああ!…いけません…

ドン・ジョヴァンニ 
何が駄目なのだ?

ツェルリーナ 
最後には 
騙されて捨てるんでしょ あたし知ってます ごくまれにしか 
女には あなた様方 騎士は 
正直で誠実にはなっては下さらないって

ドン・ジョヴァンニ 
それは嘘だ 
庶民の間に流れる!高貴なる者は 
目に誠実さが現れるもの 
さあ時を無駄にはするまい 今この瞬間にも 
私はお前と結婚したいのだ

ツェルリーナ 
あなた様が!

ドン・ジョヴァンニ 
当然 私がだ 
あの小さな別荘はわたしのもの 二人っきりで 
あそこで わが宝石よ 結婚しようではないか

Nr. 7 - 小デュエット

ドン・ジョヴァンニ 
あそこで さあ 手を取り合って 
あそこでお前はいうのだよ 「はい」と 
ご覧 遠くはない 
さあ出かけよう 愛しい人 ここから

ツェルリーナ 
(行きたいけれど 行きたくない 
あたしの心は震えるわ 
幸せに ええ本当に なれるのかも 
だけど騙されてるのかも知れないし)

ドン・ジョヴァンニ 
おいで 私の美しい最愛の人よ!

ツェルリーナ 
(でもかわいそうだわ マゼットが)

ドン・ジョヴァンニ 
私がお前の運命を変えてやろう

ツェルリーナ 
だめ…もう抵抗できないわ

ドン・ジョヴァンニ 
さあ行こう!

ツェルリーナ 
行きましょう!

二人 
行こう 行きましょう 愛しい人 
苦しみを癒すために 
この純粋な愛の

<彼らは抱き合いながら別荘に向かって歩いていく>
*************

通称「お手をどうぞ」のデュエット。ドン・ジョヴァンニはポーランドの色事師マリウス・クヴィエチェン、ツェルリーナはモイカ・エルドマン。

久々の晴天2021/01/25 11:38

久々の晴天とエントリに書きましたが、昨日と一昨日はホントに久しぶりに雨が降りました。年が明けてからは多少ぱらついた日もありましたが記録上はずっと雨量0ミリが続いていました。昨年の12月の30日に1.5ミリ、5日に3.5ミリ、2日に8ミリ、ここまで遡ってもほとんど雨が降っていません。ところが一昨日は19ミリ、昨日は13ミリと、久々のまとまった雨が降りました。屋上や玄関先の植栽も息を吹き返した感じです。


ドピーカン




久々に濃紺の空を見ました。




芝生も潤っています。こころなしかちょっと緑が戻ってきたような…




右側のコニファーは今が一番地味な色合いになっています。




最近思うこと。モーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』の中で歌われるレポレッロのアリア、通称「カタログの歌」というやつですが、近頃毎日のようにテレビから聞こえてくる「東京都の新規感染者は…人」って読み上げにそっくりなんですニャー。いささか不謹慎ではありますが。

ドン・ジョヴァンニ(スペイン名ではドン・ファン)の家来レポレッロは、昔自分の主人が捨てた女ドンナ・エルヴィーラを慰めて、「うちの旦那に騙された女はあんただけじゃないよ。イタリアで640人、ドイツで231人、フランスで100人、トルコで91人、ところがこのスペインではなんと1003人だ」と数え上げます。ちなみに日本語訳でもメロディーに乗せるために「スペインでは、千三人」と歌います。

ニコライ・ギャウロフのレポレッロ。