新国立劇場 ワーグナー『ジークフリート』2017/06/08 11:35

昨日6月7日は二国でジークフリートを見てきました。舞台写真はこちら。スタッフ&キャスト、動画等々はこちら

ゲッツ・フリードリヒ演出のリング、今回もすばらしいキャストを揃えて、耳福、眼福でございました。ジークフリートのステファン・グールドは柔らかく艶っぽく、まあちょっと体の線がイマイチってところはありますが、それも軽快な動きで見事にカバーしています。第1幕のミーメいじめの場面も、やたらとダダをこねる感じじゃなくて、反抗期の青年らしさがよく出ていました。ミーメとさすらい人との問答も演出のうまさが光っていましたが、ミーメの役作りがちょっと控えめだったかな。ノートゥンクを鍛える場面は今まで見たなかでも出色の出来。

第2幕の冒頭、巨人の動機が3拍子になって、不気味さを増す中、アルベリヒとさすらい人のからみは、トーキョーリングではかなり退屈なところでしたが、深いゲルマンの森を想起させる舞台装置も相まって、なかなかユーモラスに展開。ミーメとジークフリートの登場から、「森のささやき」の音楽の美しかったこと。ホルンもなかなか頑張っていたと思います。大蛇をノートゥンクの一撃で倒したあと、返り血を浴びて小鳥のさえずりの意味を理解する下り。ダンサーも含めて小鳥が何羽も出てきたのは面白かったねぇ。

第3幕はさすらい人がエルダを眠りから起こす場面から始まりますが、ここも先を知っている身としては普通ちょっと退屈するところ。でも舞台の横幅一杯の迫りを使って上下に区切った中で行われる二人の対話は、なかなか聞かせてくれました。エルダのクリスタ・マイヤーって歌手はよかったね。ラインの黄金でも歌っていた人です。第2場、ジークフリートがさすらい人の槍を真っ二つにする場面は格好良かった。さて、お待ちかねブリュンヒルデとのご対面。恐怖を知らない「無双の」若者が運命の女と出会って恐怖を理解する。「愛の絆」の動機が高らかに鳴って、長い長い愛のシーンがクライマックスに。

ステファン・グールド、リカルダ・メルベート、さすらい人のグリア・グリムスレイ、アルベリヒのトーマス・ガゼリ、いやあ錚錚たる歌手陣が集まったものです。東響も精一杯頑張っていたと思います。劇場支配人のタクトも的確だったと思います。そして何よりもワーグナーの音楽と芝居を余すところなく表現し、邪魔することのなかった演出に拍手です。



********************
昨日の二国からの帰りがけにもちょこっと降っていましたが、今日もちょっと降っています。傘を差すほどの雨じゃない。昨日の写真です。

昨日も一日中どんよりとした空模様でした。

関東地方も昨日梅雨入りしたらしいですね。



芳純の2番花



ドゥフトヴォルケの2番花

夏の花、ダリアです。


バーベナがまた咲き始めました。

冬の草をどんどん抜いています。





まだしぶとく咲いているスミレもあります。



冬の草花を抜くと、夏の花が現れます。

ハツユキカズラの新芽


マツムシソウ

西洋坊主のトンスラみたいです。

ストケシア

ブルー・ムーン、ホワイト・クリスマス開花2017/05/09 15:32

曇りがちの一日。最高気温も23℃ぐらいかな。今晩は一時雨が降るんだそうだ。このところずっと晴天が続いていたんで、そりゃもうワクテカでございます。


ブルー・ムーン

ホワイト・クリスマス

アンジェラはどんどん開いています。

アリスター・ステラ・グレイ

クリムゾン・グローリー

白いイキシアも満開です。


シャルル・ド・ゴール、1日目より翌日の方が形がきれいです。

ムーン・シャドウ

パパメイアン(赤)とラ・フランス(ピンク)

ラ・フランス




フレグラント・アプリコット


芳純

パパメイアン


パーゴラのつるバラ


サハラ


スペクトラ




una voce poco fa 今日はジョイス・ディドナート

シャルル・ド・ゴール、ザ・マッカートニー・ローズ、ムーン・シャドウ開花2017/05/08 20:30

今日はほぼ真夏日の29.9℃まで上がりました。いやあ、5月にこの暑さは堪えます。日も長くなった上に急に暑くなって、バラが続々開花しています。そろそろバラの季節に入ったようです。

シャルル・ド・ゴールが開きそうです。

2日ぐらい前から開きかけていたんですが、写真は今日が初めてのザ・マッカートニー・ローズ。


ひっそりと咲いていました。日陰の花? ムーン・シャドウ。

つるバラはスペクトラ、手前の赤い小さいのがオレンジ・マザーズデイ。

アンジェラはどんどん咲き進んでいます。


マダム・アルフレッド・カリエール

クリムゾン・グローリーとイキシア


ナデシコが咲き始めました。


オダマキ

満開です。紫の小さな花はシラン。

オールド・ブラッシュ

パパメイアン


パレード(ピンク)とマダム・アルフレッド・カリエール

パーゴラのつるバラ。正面はスペクトラ、左はサハラ。

左がマダム・アルフレッド・カリエールとパレード。右はサハラ。

白いマダム・アルフレッド・カリエールとピンクのパレード。

スペクトラ

サハラ

初夏の花壇。中央のピンクは園芸種のナデシコです。

パレード



今日もUna voce poco fa 懐かしいキャスリーン・バトルです。例の一件でショウビズの世界からは完全に干されちゃったみたいですが・・・どうしてんでしょうね。

レディ・ヒリンドン、アリスター・ステラ・グレイ、ヴィオリーナ開花2017/05/07 16:23

やや雲が多い一日でしたが、気温は25℃近くまで上がって初夏の暑さ。バラが続々と咲き始めています。

右側の白い花はマダム・アルフレッド・カリエール、ピンクはパレード、左の2輪はスペクトラ

パーゴラのつるバラの花数が増えてきました。



白いつるバラはマダム・アルフレッド・カリエール

左はサハラ、右奥はスペクトラ

パーゴラの天井はサハラがかなり咲き進んできました。

スペクトラ

アンジェラ


アリスター・ステラ・グレイ

クリムゾン・グローリー


イキシアも満開です。


古流投げ入れ風花壇


パパメイアン(赤)とラ・フランス(ピンク)

芳純。ショッキングピンクというのか、どうも写真に撮りづらい色合いです。香りは香水にもなっているくらいすばらしい。

インカ

ラ・フランス

パパメイアン

レディ・ヒリンドンが開きました。紅茶の香りが漂ってきます。

パレード

孫悟空が天宮で大暴れするきっかけとなった、んめそうな桃みたいです。これもタンタウの名花ヴィオリーナ。



Una voce poco fa 今日はエリーナ・ガランチャです。

芝刈り、アンジェラ、芳純、パパメイアン、ラ・フランス開花2017/05/06 21:52

今日は28℃まで上がりました。もう夏の陽気です。

アンジェラが咲き始めました。


香りのバラ、ラ・フランス

これも香りのバラ芳純

香りの極致、パパメイアン

パーゴラのつるバラ。白いのはマダム・アルフレッド・カリエール、黄色いのはサハラ、赤はパレード。

今日もいい天気でした。



前回芝生を刈ったのは先週の金曜(4月28日)、一週間でかなり伸びています。


ただ今年は全体的に伸びが悪いんですよね。

芝刈り開始。

伸びているところはレンガの高さ(10センチ)を越えているんですが・・・

そこそこストライプが見えるようになってきました。

でも、今年は芝生の成長が極端に遅いような気がします。


一通り芝刈り機でかったんですが、レンガのボーダー伸び放題。



今日は最後にバリカンでエッジを軸刈りにしました。


ボーダーがすっきりすると気持ちいい!





una voce poco fa バルトリ姐ちゃんです。1988年て、彼女の声を初めて聞いた頃かなあ。