ポカポカ2017/11/24 17:09

最低気温8℃、最高気温15℃。風もなくからっと晴れ渡って気持ちのいい一日でした。

イエロー・シンプリシティ

ホワイト・クリスマス

スペクトラ

アンジェラ


アンナプルナ

あゆみ

ブルー・デイジー

チャイナ・ドール

太陽がいっぱい






インカ


ラ・フランス

楽園


バラは少なくなってきました。




サハラ



エフゲニー・オネーギンはプーシキンの傑作戯曲。チャイコフスキーがオペラに仕立てましたが、その音楽はトルストイ、ツルゲーネフ、チェーホフといった当時の文人達も諸手を挙げて絶賛しています。ホロストフスキーが歌うオネーギン。第1幕、オネーギンは田舎娘タチアーナからもらった熱烈なラブレターに礼を言いつつ、自分は家庭生活に向かない人間だ、タチアーナを妹のようにしか思えない、あんたは自分を律する術を学ぶべきだと、かなりキツイ言葉で拒絶します。

第3幕。すっかり立場が逆転して、今やタチアーナはグレーミン公爵夫人。尾羽打ち枯らしたオネーギンからラブレターを受け取り、なぜ今になってこのような物を、財産か名声が目当てなの、自分は今は人妻よ、とまあたぶん第1幕の意趣返しなんでしょうねぇ。散々罵倒した揚げ句オネーギンを残して部屋を出て行っちゃいます。

オネーギンと言えばまずは第3幕冒頭のポロネーズ。メトじゃなくてボリショイの豪華な舞台をどうぞ。

雨上がり2017/11/23 15:39

昨夜8時頃から降り始めた雨は、今日の午前中がピークだったでしょうか。合計で27ミリと、ちょっとまとまった量になっています。昼前に雨が上がるとドピーカン。




草花はしっとり濡れて気持ちよさそうです。


雨上がりの光の戯れ、今日は印象派を気取ってみます。











園芸種のナデシコ



オレンジ・マザーズデイ




ミニバラ





亡くなったホロストフスキーを偲ぶビデオでしょうか。昨日METがこんな映像を上げました。
ホロストフスキーのMET名場面集。オネーギン、『イル・トロヴァトーレ』のルーナ伯爵、『エルナーニ』のドン・カルロ(カルロス5世)、『椿姫』のジェルモン、『仮面舞踏会』のレナート、もう一度ルーナ伯爵の順に映像が流れます。最後のカーテンコールがやけに盛り上がっています。

『イル・トロヴァトーレ』は2015年の10月3日となってますから、病気から復帰した時の公演だそうです。「お帰り」というわけで、オケのメンバーが舞台に花を投げ込んでいるらしい。

すっきりとは晴れませんねぇ2017/11/01 16:45

台風の翌日(10月30日)はよく晴れて北風が吹きすさびましたが、昨日・今日は何となく曇りがち。薄暗い天気と言ってもいいかも。

青空も見えているんですが、お日様はあまり顔を出さない、そんな天気です。



こっちの方角にお日様はいるんですが、あまり明るくないですねぇ。

木枯らしで飛び散った枯葉や、倒れた草花を片付けました。



シャルル・ド・ゴール

アリスター・ステラ・グレイ

クロティルド・スーペール(粉粧楼)はきれいに咲いています。

去年植えた「あゆみ」というバラ。台風と強風にやられて、花はボロボロです。

アンナプルナ

やっときれいな花が咲きました。

チャイナ・ドール


恐らくシジミチョウの類いでしょう。マリーゴールドにご執心でした。

何となく和風のテイストです。

インカ


楽園

ストロベリー・アイス

ホワイト・クリスマス

イエロー・シンプリシティ




ゼッフィレッリというと、日本では何と言っても15歳のオリヴィア・ハッセーをジュリエットに抜擢した映画『ロミオとジュリエット』が有名でしょう。ニーノ・ロータの劇音楽も印象に残ります。

トレーラー風のアブストラクトがありました。

ゼッフィレッリのドラマトゥルギーはフェイクは一切無し、常に真っ向勝負。オペラをやるととにかく絢爛豪華な舞台を作り上げます。『アイーダ』と並ぶ彼のオペラ演出の代表作『トゥーランドット』。メトのフィナーレをどーぞー。姫がマリア・グレーギナ、カラフがマルチェロ・ジョルダーニだそうです。ピン・ポン・パンの道化3人がいい味出しています。

もう一丁。アレーナ・ディ・ヴェローナのフィナーレ。これもゼッフィレッリです。

木枯らしの後2017/10/31 16:09

一昨日の台風よりも昨日の木枯らしの方が、バラにダメージを与えたみたいです。枝が擦れて葉っぱがかなり少なくなってしまいました。今年はバラにとっては過酷な秋でした。木枯らしが吹いたってことは、秋は終わって冬が近づいてきたってことですねぇ。

強風の爪痕


どんより曇って、ちょっと肌寒い感じの一日。

芝生はまだ多少は成長しているみたいです。

アリスター・ステラ・グレイ


チャイナ・ドール

アンナプルナ

クロティルド・スーペール(粉粧楼)。小さいけどいい香りのバラです。

シャルル・ド・ゴール。雨に当たったせいか、色のむらが大きいです。


西側の花壇。

ネギのような、ニラのような葉っぱは、アイリスです。来年の4月に咲きます。

フレグラント・アプリコット

ミニバラ

ニコル

ニコルとザ・マッカートニー・ローズ(ピンク)

ストロベリー・アイス




アレーナ・ディ・ヴェローナの『アイーダ』。野外のとにかく巨大な闘技場ですから、装置も馬鹿でかい。

木枯らし1号2017/10/30 23:13

台風が北海道沖に進んで、今日一日強烈な北風が吹いていました。朝屋上に上がったときにこれは木枯らしだなって思ったんですが、案の定木枯らし1号ってことになりました。春は「一番」ですが、木枯らしは「1号」。まあ、どうでもいいことか。

ドピーカン




台風の影響はこんな程度。



アンジェラはずっと咲き続けています。


チャイナ・ドール

シャルル・ド・ゴール。風が強くて被写体ブレを起こしています。

オレンジ・マザーズデイ


強烈な朝日




ゼッフィレッリのデーハーの演出で『アイーダ』の凱旋行進曲。今日はスカラ座。初台の二国のプロダクションもゼッフィレッリの演出で、まあこんなのと似たり寄ったりです。3分15秒あたりから吹き鳴らされるのは、見栄えを格好良くした直管のラッパ。いわゆるアイーダ・トランペットというやつです。