ポカポカ2017/11/24 17:09

最低気温8℃、最高気温15℃。風もなくからっと晴れ渡って気持ちのいい一日でした。

イエロー・シンプリシティ

ホワイト・クリスマス

スペクトラ

アンジェラ


アンナプルナ

あゆみ

ブルー・デイジー

チャイナ・ドール

太陽がいっぱい






インカ


ラ・フランス

楽園


バラは少なくなってきました。




サハラ



エフゲニー・オネーギンはプーシキンの傑作戯曲。チャイコフスキーがオペラに仕立てましたが、その音楽はトルストイ、ツルゲーネフ、チェーホフといった当時の文人達も諸手を挙げて絶賛しています。ホロストフスキーが歌うオネーギン。第1幕、オネーギンは田舎娘タチアーナからもらった熱烈なラブレターに礼を言いつつ、自分は家庭生活に向かない人間だ、タチアーナを妹のようにしか思えない、あんたは自分を律する術を学ぶべきだと、かなりキツイ言葉で拒絶します。

第3幕。すっかり立場が逆転して、今やタチアーナはグレーミン公爵夫人。尾羽打ち枯らしたオネーギンからラブレターを受け取り、なぜ今になってこのような物を、財産か名声が目当てなの、自分は今は人妻よ、とまあたぶん第1幕の意趣返しなんでしょうねぇ。散々罵倒した揚げ句オネーギンを残して部屋を出て行っちゃいます。

オネーギンと言えばまずは第3幕冒頭のポロネーズ。メトじゃなくてボリショイの豪華な舞台をどうぞ。

これから雨2017/11/22 16:36

最低気温3.7℃、最高気温10.7℃。最高最低とも平年より4℃ぐらい低い。今日は一日どんよりと曇っていて、これから雨になるんだそうだ。



曇りで時折薄日が漏れるといった空模様

これじゃ芝生も伸びない。

ミニバラ

インカ


アンジェラ

アンナプルナ

チャイナ・ドール

アリスター・ステラ・グレイ


ニコル(下)とザ・マッカートニー・ローズ

カワラナデシコ


パパメイアン

楽園。ちょっと寒くなってきたのでなかなか開きません。



サハラ

ストロベリー・アイス

スペクトラ

ビオラ



ホワイト・クリスマス




今日はヘルマン・プライが歌うIch hab' mein Herz in Heidelberg verloren。

歌声はいいんだけど、肝心の景色が・・・というわけで、元祖「哲学の道」の秋の映像。


(22時追記)
ホロストフスキーが亡くなったそうだ。享年55。最後はロンドンのホスピスで息を引き取ったとか。今年メトのガラに出てきて、リゴレットの「悪魔め、鬼め!」を歌ったのが絶唱だったらしい。

寒さ続く2017/11/21 16:47

昨日よりはちょっと気温が上がって、最低気温は5℃、最高気温12℃。ですが、1日中風が強くて肌寒い天気でした。



今日もドピーカン



日差しはあるんですが、風が冷たい。

シャルル・ド・ゴール


チャイナ・ドール

ブルー・デイジー

ラ・フランス

あゆみ。爽やかな香りがします。

ザ・マッカートニー・ローズ

アリスター・ステラ・グレイ

ミニバラ

マツムシソウ

ニコル

インカ


オールド・ブラッシュ

園芸種のナデシコ

オレンジ・マザーズデイ



楽園

パレード




陳腐だとか駄作だとか色々言われる割には、日本ではかなりよく上演された戯曲の一つ、『アルト・ハイデルベルク』。似たようなテーマでも鴎外の『舞姫』はドロドロとした愛憎劇であるのに対して、こちらはちょっと甘酸っぱくてほろ苦い、青春の一期一会を描いた物語です。初演は1912年で松井須磨子がケーティー。ベルリンで原作が初演されてから11年後です。それから滝沢修と杉村春子のコンビ、宝塚の少女歌劇ではアルトじゃなくて『ユング・ハイデルベルク』と名を変え1931年に上演されたそうです。比較的「新しい」ところでは、大竹しのぶのケーティーと中村勘九郎のカールなんて組み合わせもあったらしい。アメリカでは『学生王子』のタイトルになってブロードウェイでヒットしたそうだ。1959年のドイツ映画から『アルト・ハイデルベルク』の合唱シーン。これはアメリカのミュージカルからの逆輸入らしい。

本格的に冷えてきました2017/11/20 16:43

最低気温4.4℃、最高気温10℃。どんよりと曇って風はほとんどないけどかなり寒い。

時折薄日が差してくるんですが、もう冬の光です。

ナデシコ、やはり秋の七草、形がきれいです。



これは先日植えた園芸種。

あゆみ

ブルー・デイジー


アンナプルナ

チャイナ・ドール

アリスター・ステラ・グレイ

クロティルド・スーペール(粉粧楼)

シャルル・ド・ゴール


春が楽しみです。



ザ・マッカートニー・ローズ


インカ

フレグラント・アプリコット

レディ・ヒリンドン

パパメイアン

ラ・フランス

楽園




Ich hab mein Herz in Heidelberg verlorenの2回目。今日はウィーンの歌姫エファ・リント。

マツムシソウの植え付け2017/11/19 20:42

本日はまあまあの晴天。最低気温6.6℃、最高気温13℃。少しずつ気温が低くなっています。でも寒気が流れ込んでいますってほどの寒さは感じられませんねぇ。屋上で百姓やってるとちょっと汗が出てきます。

ドピーカン。朝のうち風が強かったみたいですが、起きた頃にはすっかり収まって、日差しが暖かく感じられました。



矮性のマツムシソウ。草丈が20〜30センチで咲くんだそうだ。この時期に花がたくさんついています。

普通のマツムシソウと矮性のと合わせて16本植え付けました。バラばっかりだとピンクやイエローはたくさんあるんですが、青っぽい花は貴重です。


花壇は堆肥をたっぷり混ぜ込んであるんで、手で簡単に植え穴を掘ることができます。

これは通常のマツムシソウ。背丈が高くなる奴です。バラの間から青い花を見せてくれると、コントラストが綺麗なんですが。果たしてもくろみ通りにいくかどうか。


アンジェラ

アンナプルナ

あゆみ

ブルー・デイジーがそこそこ咲いています。今年3回目ぐらい? 3年目ぐらいになってちょっと花が増えてきたかも。


サハラ

シャルル・ド・ゴール

アリスター・ステラ・グレイ。秋の3番花です。

チャイナ・ドール。びっしりと房咲きになるんで、一つ一つの花の形はよくわからない。

インカ


スペクトラ


レディ・ヒリンドン

ホワイト・クリスマス

イエロー・シンプリシティ




久しぶりにハイノの歌声。”Ich hab mein Herz in Heidelberg verloren”日本語では『ハイデルベルクで恋をした』なんて訳されています。