真夏日復活2017/09/21 20:12

また暑くなりました。本日の最高気温30.5℃。このところずっと残暑が厳しい年が続きます。今年は夏も暑かったけど、秋になっても暑いですねぇ。

ドピーカン

芝生の照り返しが眩しいんです。



何となく雲は秋めいています。


毎年今頃やってくる客人

セセリチョウ、たぶんイチモンジセセリだと思います。

ダリア

もう一名お客さんです。


こちらもダリアの花がお気に入り。



パーゴラのつるバラ

マダム・アルフレッド・カリエール

ピンクのザ・マッカートニー・ローズ

アリスター・ステラ・グレイ


シルク・ジャスミン


スペクトラ



ハツユキカズラの新芽




神聖ローマ帝国(オーストリア)のフランツ一世とマリア・テレージアの娘マリー・アントニア(アントワネット)の嫁ぎ先、フランスの行進曲といえばまずこれ。シプリアン・カツァリスのピアノです。

これはリストの編曲です。ラ・マルセイエーズはフランス革命の当初からあった曲じゃなくて、対仏大同盟やら革命戦争やらの時期(1792年)になって生まれた曲です。もとはルジェ・ド・リールというストラスブールに駐留していた軍人が「ライン軍の為の軍歌」っていう題名でオーストリアに対抗するフランス軍の士気を鼓舞する為に作曲したもの。同年の8月10日、パリの民衆と軍がテュイルリー宮殿を襲撃して、ルイ16世と王妃のマリーを捕らえたいわゆる8月10日事件の数日前、マルセイユからの義勇軍がこの曲を歌いながらパリに入ってきたそうなんですねぇ。パリの民衆にはその印象が強烈だったみたいです。それでその3年後、フランス国歌になっちまった次第。現在の第五共和国憲法の第一章で「国歌はラ・マルセイエーズである」と定められています。

フランス革命当時パリにバルバトルという作曲家がいました。誰あろうマリー・アントワネットのクラヴサンのセンセで、ノートルダム大聖堂のオルガニストだった人物です。その人が作曲した「ラ・マルセイエーズ行進曲」。まずミシェル・シャピュイのオルガンで。

次にクラヴサン(チェンバロ)で。

しのぎやすい一日2017/09/20 18:42

どうしてなのかはわかりませんが、天気予報とは裏腹に、どんよりと曇って最高気温26℃ぐらい。暑さ寒さも彼岸までってことでしょうか。


アリスター・ステラ・グレイの花がまた開き始めました。


バーベナ


ブルー・デイジー

クロティルド・スーペール(粉粧楼)。秋らしく楚々とした佇まいです。

トムピリさん

ダリアは盛りを過ぎたでしょうか。

どんより曇ってほとんど日が差しませんでした。


ハツユキカズラ

ザ・マッカートニー・ローズ

元々フレアー・スカートのような花びらなんですが、台風の風雨にさらされて、一層フリフリになっちゃったのかな?

パーゴラのマダム・アルフレッド・カリエール

シルク・ジャスミンがまた咲き始めました。


柑橘類で、青いレモンのような果実ができています。春には赤く熟します。





さてさてマーチですが、今日は日本でも超有名なトルコ・マーチ。
まずはこれ。1979年の向田邦子作のテレビドラマ『阿修羅のごとく』。出てくる俳優さん達、みんな若い! そして3分20秒あたりからが問題のシーン。

阿修羅のごとくのテーマ曲は、ジェッディン・デデン(祖父も父も)というトルコの行進曲。オスマン・トルコ軍は高らかにこの手の曲を吹き鳴らしながら、ウィーンまでやってきたわけです。これを聞いちゃうと、モーツァルトだってトルコ行進曲を書かざるを得ないですニャー。楽器は打ち物各種とチャルメラですが、中でもトルコを代表する楽器がシンバル。現在でも世界中のドラムセットやオーケストラのシンバルはトルコ製です。

ちなみにクロワッサンは三日月という意味ですが、トルコ軍に包囲されたウィーンで、トルコの三日月の紋章に似せて焼かれ、マリー・アントワネット(ドイツ語名:マリー・アントーニア)とともにフランスに輿入れしたと起源を説く人もいました(村上信夫)が、どうもガセらしい。

暑い日が続きます2017/09/19 20:13

今日も最高気温29.8℃。台風が過ぎても暑い日が続きます。



アンジェラ


西日のアリスター・ステラ・グレイ

ブルー・デイジー

クロティルド・スーペール(粉粧楼)

雨上がりに健気に開いています。


西側の花壇

今日もそこそこいい天気でした。



レディ・ヒリンドンの新芽

なんか形がイマイチですが、ザ・マッカートニー・ローズが開き始めました。


マダム・アルフレッド・カリエール。台風でそうとう揺すられたはずですが、きれいに咲いています。

ミニバラ

これも風に揺らされたはずですが、きれいに咲きました。パレード。

パーゴラは夏の盛りをちょっと過ぎたみたいです。


サルスベリはそろそろお終いです。

半月ほど前のサルスベリ。

今日のサルスベリ。手前の芝生が出来上がってきました。

スペクトラ1日目。

同じ花の3日目。

今日開いたスペクトラ。




アメリカのマーチをいろいろ聞いてきて、ブルーズ・マーチにたどり着いたんでした。

名作は少ないんですが、でもこれがやっぱりアメリカのマーチの最高傑作かな。D-durで始まって、サブドミナントG-durのトリオを3回繰り返して終わってしまうという、とても変則的なマーチです。レニーの指揮も溌剌としています。『星条旗よ永遠なれ』。完璧な2/2拍子、アラ・ブレーヴェ。4拍子じゃないんだよ。アメリカ独立革命からバイセンテニアルの年1976年の演奏。

台風一過のドピーカン2017/09/18 21:01

台風は九州に上陸するまで気を持たせましたが、上陸してからはあっという間に北上して、北海道を通って今の時間にはもうオホーツク海に抜けたらしい。うちのあたりで降り始めからの総雨量が70ミリちょっと。久しぶりのまとまった雨になりました。風は吹いたのかどうか、ほとんど感じられませんでした。そして今日は朝からドピーカン。最高気温34.5℃。


朝9時頃屋上に上がってみました。三和土はまだ水が溜まっていました。




芝生はつるバラの枯葉が多少散らかっていましたが、特段の被害はなさそう。



緑の芝生が目に痛いほど強烈な日差しです。

逆光



夕方にはちょっと雲が出てきました。午後4時頃。


台風一過の雲


芝生は9月3日の最初の補修以降も、ちょこちょこ補修蒔きをしています。これは播いてちょうど1週間ぐらい。芽が出そろったところ。

最初に補修をしたあたりはかなり緑になってきたんですが・・・

発芽具合にムラがあって、後から追加して播いたりもしています。

このブラウンパッチだったあたりは、ほぼ仕上がってきました。9月上旬の様子

アリスター・ステラ・グレイはスタンダード仕立てなので、風に煽られたみたいです。

クロティルド・スーペール(粉粧楼)はポリアンサで丈が40センチぐらいしかないんで、花も台風の影響はほとんどなかったみたい。きれいに咲いています。

パーゴラも風で揺すられたんだと思いますが、まあまあ咲いています。

ザ・マッカートニー・ローズ

夕方には一段とふくらんでいました。明日あたり咲きそうです。

サハラ




この前のMt. Fuji 89のジャム・セッションの続き。お馴染みディズニー映画、『白雪姫(スノー・ホワイト)』から「いつか王子様が」。

元々、デイブ・ブルーベックがジャスに取り入れて流行らせた曲です。サックスはポール・デズモンド。

芝刈り2017/09/16 13:34

台風18号が近づいているんだそうだ。まだ東シナ海にあって、九州に上陸するのはたぶん明日の昼頃になるらしい。東京も明日は一日雨の予想。雨が降り出す前に今日は午前中から芝刈りをしました。気温は22℃ぐらい。空気も乾いていて、爽やかな風が感じられます。

曇っていますが、心地よい空気です。台風に向かって乾燥した北風が吹き込んでいるみたいです。


今週はずっと暑かったんで、芝生はそれほど伸びている感じではありません。




刈り始めるとまだ多少はストライプが出ます。


15分ほどで作業終了。刈り取った芝生は45リットルのゴミ袋に1/3ぐらい。




ボーダーの新芽も定着したみたいです。



マダム・アルフレッド・カリエール




またブルー・デイジーが咲いていました。


黄色いミニバラ

ストケシア




89年のMt. Fuji からジャム・セッション、セロニアス・モンクのRhythm-a-ning ガーシュウィンのI got rhythmのコードが繰り返されるリズム・チェンジの名曲です。