芝生発芽2018/09/18 15:36

ほぼ真夏日の29.9℃。湿度も50%台でかなり蒸し暑い。


モクモクして夏の雲みたいですねぇ。


夏の花




これも夏の名残




ピンぼけですが小さな虫が蜜を吸っています。


レディ・ヒリンドンの赤い新芽

アンジェラ

この1週間、気温もそこそこに推移して、雨が沢山降りました。補修蒔きをしてからちょうど7日目でケンタッキー・ブルーグラスのヌーブループラスが発芽。送料込みで1kg2880円はかなりお買い得。いい店を見つけた。


夕べかなり強烈に降ったんで、新芽の頭に水玉が乗っています。(久しぶりにマクロレンズを使ってみたら、やっぱり解像がいいなぁ。)



ブルー・デイジー。これから一花咲かせてくれるはず。

カワラナデシコ。年がら年中咲いているようで、実は秋の七草の一つ。

ダリア

サハラ

パレード

マダム・アルフレッド・カリエール




昨日はモーツァルトのK.621b、バセットホルン協奏曲を紹介しました。今日は「b」が付いていない、正真正銘のK.621です。『皇帝ティートの慈悲』というオペラ。滅多に上演されないのは筋がホントにつまらないから。でも音楽はなかなかいいのです。特にこれに続いてクラリネット協奏曲が作曲されていることからもわかるとおり、この時期モーツァルトはクラリネットに相当こだわっています。

通常女性のメゾかアルトが歌うズボン役、第1幕のセストのアリア「私は行く」。クラリネットのオブリガートが美しい曲です。まずエリーナ・ガランチャで。レコーディング・セッションの映像のようです。オケはシュターツカペレ・ドレスデン。

実演のビデオもありました。指揮はヤンソンスですねぇ。オケはコンセルトヘボウです。このクラリネットはごく普通のB管。

真夏日復活2018/09/17 15:20

最高気温32.1℃。湿度も高くて不快な一日です。

アンジェラが咲き始めました。

朝のうちは秋の雲が出ていたんですが・・・



サルスベリは満開です。



剪定して1週間。バラの新芽が伸び始めました。


補修した芝生は間もなく発芽しそうです。土の下では発芽していて、土が盛り上がってきています。

シルクジャスミン





もう15年以上前にNHKの教育テレビでやっていた「ドキュメント地球時間」、その中で「モーツァルト 謎の楽譜 K.621b」というフランスのドキュメンタリーが放送されました。そこで演奏されたのが、モーツァルトのバセットホルン協奏曲(の断章)。バセットホルンはもちろん低音のクラリネットで、現在ではF管です。ところがモーツァルトはト長調で作曲しています。自筆譜がスイスの図書館に残っていて、おそらくモーツァルトと親交が深かったアントン・シュタットラーがGの楽器を持っていたんだと思われます。(先日まで紹介していたK.361の13管楽器のセレナーデは変ロ長調で、そこに登場していたバセットホルンはF管です。)この協奏曲断章はK.622のクラリネット協奏曲の第1楽章とほぼ同じ。つまりイ長調のコンチェルトのスケッチだと考えられ、現在ではクラリネット協奏曲イ長調 K.622の直前のK.621bという番号になっています。

それでは現行のコンチェルトより2度低いト長調のバセットホルン協奏曲。演奏はキアラ・バンキーニのアンサンブル415とクラリネットのジル・トーメ。


上の映像の日本語吹き替え版がありました。全体を見るとK361やK621『皇帝ティトゥスの慈悲』なども含まれていてなかなか興味深い映像です。

秋の長雨?2018/09/14 16:23

真夜中から昼前まで、シトシト降っていました。雨量は7.5ミリ。その後もずっと曇っています。最高気温は26.7℃。湿度が70%以上でちょっと蒸し暑い感じがします。芝生の補修をしたばかりなので、このようにシトシト降る雨はありがたい。

屋上はしっとりと湿っています。


今日も客人が来ていました。何となくビタミンBを感じさせる色合い。

サルスベリの花が濃くなってきました。

カワラナデシコ

月曜(10日)にバラの剪定をしたんで、早速新芽が出始めています。





サハラ

パレード


ブルー・デイジー。秋になるとまた沢山花を咲かせてくれるはず。

バラを刈り込んだんで、多少さっぱりした感じがします。




今日はモーツァルトの「13管楽器のためのセレナーデ」の最終回、第7楽章フィナーレ。短くて軽快なロンドです。

曇りの日が続きます2018/09/13 18:56

今日は薄曇りで、時々日が差してくるといった天気。最高気温は28℃。湿度もずっと50%以上でかなり蒸し暑い一日でした。


3日連続で庭仕事をやったんで、ちょいと腰のあたりが筋肉痛です。正面のコニファーがすっきりしました。


こちらのコニファーもカール・ルイス・カットが決まってます。

ダリア


客人がやって来ました。
ツマグロヒョウモンの雌

アゲハ


ナデシコの花がちょっと多くなってきました。




紅葉じゃありません。モミジの新芽。

サルスベリは今年4回目の開花。




芝生補修完了。

マツバボタン




モーツァルトのK361から今日は第6楽章、主題と変奏です。優雅なテーマから手練手管の限りを尽くしたみごとな変奏曲が紡ぎ出されます。各種管楽器が次々とソロを取って、楽しいアンサンブルを繰り広げます。

芝生の補修とコニファーの剪定2018/09/12 20:57

昨日よりはちょっと上がって最高気温24.8℃。まあまあです。昨日の続きで、芝生の作業を終わらせました。




こんな感じでステンレスの「根掻き」という盆栽に使う道具を使って枯れ芝を掻き取り、種を播いて目土をかぶせ、脚で踏んで転圧するという作業を繰り返します。




昨日の残りを2時間ほどかけて補修作業終了。

時間があったので、庭の北側で伸び伸びとお育ちのこのコニファーを剪定することに。

頭からカットしていきます。

もう何年か前に芯止めしてあるんで、太い幹はなくて細い枝ばかり。なんか漫画のキャラクターみたいです。

一丁上がり。

サルスベリの下のコニファーもちょこっとカット。


ずいぶん日が短くなりました。




モーツァルトのK361から第5楽章ロマンス。ゆったりとした歌の間に、ファゴットの低音に乗ったアレグロの部分がちょこっと挟まっています。