2/8ドン・パスクワーレ@新国立劇場2024/02/09 14:10

昨日(2月8日)は二国でドニゼッティの『ドン・パスクワーレ』を見てきました。あらすじ、スタッフ&キャスト、ムービーなどはこのページ。舞台写真はここ

ドニゼッティというとロッシーニ、ベッリーニと並ぶ、ベルカント・オペラの大作曲家。70あまりのオペラが知られていますが、悲劇では『ランモルメールのルチア』、『ルクレツィア・ボルジア』、『アンナ・ボレーナ』、ブッファ(喜劇)では『愛の妙薬』、『ドン・パスクワーレ』、『連隊の娘』など悲喜劇ともに名作が残っています。二国のステージでは『ランモルメールのルチア』、『愛の妙薬』、そして『ドン・パスクワーレ』が上演されています。ブッファというのは16世紀以降のイタリアで流行ったコメディア・デラルテのオペラ版とも言える様式で、例えばモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』におけるレポレッロのような、一種の道化が物語の狂言回しになる喜劇。ドン・パスクワーレでは掲題役のドン・パスクワーレ本人がブッファと呼ばれる役柄になります。大抵はバスあるいはバリトンの役柄で、早口言葉のようなテンポの早い歌いまわしと滑稽な仕草が特徴です。

情緒纏綿たるチェロの独奏からテンポが速くなって、ロッシーニ・クレッシェンドほどではないにしても、ワクワク・ドキドキが止まらなくなるような序曲が終わってまず盛大な拍手。1曲毎に拍手をもらえるってのも、ブッファの特徴ですねぇ。この日ドン・パスクワーレを歌ったミケーレ・ペルトゥージは、ブッファの役にピッタリの口がよく回るバス。気持ちのいい歌いまわしと仕草で喝采を浴びていました。医者のマラテスタを歌った上江隼人もペトゥルージに負けず劣らずの芸達者。最初こそ若干不安定なところがありましたが、第3幕のパスクワーレのとの二重唱では丁々発止の楽しさ。早口言葉も機関銃のように回って楽しいことこの上なし。リゴレットやジェルモンなどシリアスな役もこなすんだそうで、なかなか芸達者な一面を見せてくれました。エルネストのファン・フランシスコ・ガテルというテノールは明るく柔らかな声で、ひ弱な居候といった役どころを好演。この日一番の拍手を浴びたのはノリーナを歌ったラヴィニア・ビーニというソプラノ。明るくて切れ味抜群、表情も仕草も堂に入って、結婚前のコケティッシュな娘から、パスクワーレとの婚姻証書に署名した途端に、湯水の如く浪費を始めるマダムに変貌する切り替えの見事なこと。

この日も二国の合唱は迫力満点。東響も楽しい雰囲気は出していましたが、ただ一点あのトランペットは何だぁ。安っぽいメロドラマ風な音色はいいんだが、ひっくり返っちゃいかんぜよ。指揮者は普段のオペラと同じく、目立たないのが職人芸かも。

このプロダクション、2回目の上演ですが、装置や衣装など毎回楽しませてもらっています。最近漫画家とテレビドラマの脚本家の確執が取り沙汰されていますが、オペラの演出も過剰に自己主張する演出は2度目の上演はないぞと覚悟してもらいたいものです。

*****************
雪はすっかり溶けました。


雪の上に撒いた粉炭が黒く残っています。


パパメイアンの蕾。この先暖かい日が続くんだそうで、なんとなく開きそう。




マーガレット

寒い!2024/02/02 15:19

寒いぞ! 今のところの最高気温7℃。朝からどんよりと曇って薄暗い一日です。週末から来週初めにかけて雪がちょっと降るかもって話です。




真冬、芝生が黄色くなっちゃってます。


ホワイト・クリスマス




パパメイアンの蕾が膨らんできたんですが、週末の天気によっては、ひょっとしたら開かないかなぁ。


寒々とした花壇。




マーガレットはよく咲いています。



ラモーの『優雅なるインドの国々』から「未開人」。かつては野蛮人と言ってましたが、やっぱりねぇ言葉は大切です。この「未開人」はかなり文明が発達した人々。
アメリカの古楽オケとダンスのパフォーマンス。ヒューストンなんて田舎でも古楽の演奏をやってるんですね。びっくり。

次にバスティーユ・オペラの「未開人」。なんと言いますか、こういう猥雑でいかにもってのが、現代のヨーロッパを象徴している気もします。

ミンコフスキー指揮のルーブル宮音楽隊。

クリスティ指揮のレザール・フロリサンの演奏。

もう一丁。演奏会形式の上演です。

ロシアでの上演みたいです。ラモーの原作とはかけ離れた設定です。

1/31 エウゲニ・オネーギン@新国立劇場2024/02/01 11:48

昨日は二国でチャイコフスキーの『エウゲニ・オネーギン』を見てきました。あらすじ、キャスト&スタッフ、動画などはこちら。舞台写真はここ

『エフゲニー・オネーギン』、『エウゲニ・オネーギン』、『イェヴゲニー・オネーギン』、『エヴゲーニイ・オネーギン』などいろんな表記があって面倒だ。ともかく近代ロシア文学の祖とも言われるプーシキンの作。チャイコフスキーの甘美な音楽付きとなれば悪かろうはずがない。

まずこの日一番の収穫は指揮者のヴァレンティン・ウリューピン。ウクライナ出身で音楽教育はモスクワで受けたらしい。ロシア国内のオケを振っており、ペルミのムジカ・エテルナも振っているんだそうだ。そしてこの数年は西側のオケやオペラも振っているそうだ。経歴はともかく、天性のものだと思われますが、テンポ感がいい。そして哀愁を帯びたチャイコフスキーの音楽を情緒たっぷりに聞かせてくれる柔軟性を兼ね備えている。ある意味イタオペにも通じるような間のとり方をする一方で、例えば第2幕のワルツは、かなりキビキビとしたテンポで人々の浮き立つような喜ばしい感情を表現する。この指揮者、ただ者ではない。

タチヤーナは恰幅のいい人でしたが、1幕の「手紙の場」の憧れを切々と歌う可憐な乙女から、第3幕で公爵夫人として登場する感情の大きな振れ幅を見事に表現していました。妹のオリガもよかってねぇ。レンスキーは立派なテノール。ドラマティックな役どころらしいが、リリカルな側面も持ち合わせていて、第2幕でやたらとオルガに嫉妬する演技もなかなか。ちょい役ではありますが、グレーミン侯爵には度肝を抜かれました。これぞロシアのバス。バス・バリトンとか甘っちょろい歌声じゃなくて、大地の底から響いてくる歌声。第3幕の一曲だけのために呼んだんでしょうが、すごい人が来てくれたもんだ。その他、母親のラーリナ、乳母のフィリッピエヴナ、フランス人トリケに至るまで素晴らしいキャスティングだった思います。そして肝心のオネーギンですが、周りがあまりにも豪華なキャストだったのだ、ちょっと渋めだったかな。でも最後の公爵邸の場面では切々と感情を歌い上げていました。

今回は東京交響楽団がピットに入っていましたが、ロシアの憂愁を華麗に彩っておりました。そして何よりも合唱団はすごいねぇ。世界のオペラハウスでも二国の合唱団ほど訓練され、しかも演技もできるところはないんじゃないかなぁ。というわけで、一晩寝ても興奮冷めやらぬデデちゃんでございました。

オネーギンのワルツ。田舎の舞踏会ですから、格調高いポロネーズじゃなくて、庶民的なワルツです。指揮はロストロポーヴィチ。当時のボリショイオペラでは、フィシネフスカヤがタチヤーナを歌うときには、旦那のロストロポーヴィチが指揮台に上がることが多かったみたい。日本公演でもロストロポーヴィチが指揮をしていました。
オネーギンのポロネーズ。公爵邸の舞踏会ですから、ワルツじゃなくてポロネーズです。
Evghenii Oneghin Opening Act III Polonaise Bolshoi Theatre


11/21 シモン・ボッカネグラ@新国立劇場2023/11/22 17:09

昨日は二国でヴェルディの『シモン・ボッカネグラ』のマチネを見てきました。スタッフ&キャスト、あらすじ、メーキング・ビデオ等はこのページ。ステージ写真はこちら

いやあ至福というか耳福の3時間でございました。イタオペというとスピントの効いたテノールを思い浮かべるあなた。それだけじゃないのだよ。『リゴレット』のスパラフチレとか『椿姫』のジョルジョ・ジェルモンとか、艶のあるバスやバリトン、低音の魅力もヴェルディの音楽の不可欠の要素。掲題役のシモン、敵役のフィエスコ、裏切りのパオロといった低音のずっしりとした地の底から湧き上がるような声を全身に浴びたばかりか、テノールのガブリエーレの美声にも酔いしれました。そして紅一点アメーリアのイリーナ・ルング。まさにこの芝居のためにとっておきの歌を披露してくれました。二国では椿姫のヴィオレッタ、ルチアのタイトルロールなどですでに定評あるソプラノですが、今回は新たな境地を披露してくれたんじゃないかと思います。

合唱も相変わらずいい響き。大野指揮の東フィルは、指揮者の性格的なもなのかあまりにも几帳面すぎてゆらぎのない音楽。イタリア・オペラの真髄を聞いたとは言えなかったかな。舞台美術と衣装はあまりにも貧相。シモンの死に至る道程を、エトナ山の火口に身を投げて亡くなったとされる古代ギリシャの哲人エンペドクレースの生涯に重ね合わせて、逆さ吊りの巨大なエトナ山の火口が舞台中央にぶら下がっていたり、解説を隅から隅まで読まないとわけわからん自分勝手な設定があって、最終幕では噴火したマグマが舞台上に散らばっているんだそうだ。まあ、アイスランドに思いをいたすと、タイムリーと言えなくもないが…カプーアという人は現代美術の巨匠らしいんだが、この舞台はあまりにも独りよがりの発想でちょっと参りました。抽象的であっても美しければ許せるんだが、美しいわけでもなく、ストーリーを邪魔しなかったのが唯一の救い。

*************

本日もドピーカン。最高気温18.6℃。


シャルル・ド・ゴール


アンナプルナ




ラ・フランス


ヴィオリーナ








イエロー・シンプリシティ


マイスタージンガー(赤)とラ・フランス、ヴィオリーナ


ブルームーン


今日は残っていたマリーゴールドを全部抜きました。





10/4 新国立劇場『修道女アンジェリカ』、『子どもと魔法』2023/10/05 11:14

昨日は二国の新シーズン開幕。プッチーニの『修道女アンジェリカ』とラヴェルの『子どもと魔法』のダブルビルを見てきました。スタッフ&キャスト、インタビューなどはこのページ。舞台写真はこちら
『修道女アンジェリカ』は三部作として作曲されて1918年にニューヨークで初演されたもの。『ジャンニ・スキッキ』の方がよく上演されるのかもしれませんが、『外套』よりは上演頻度が高いかな、そんな感じ。とにかく救いようのない暗い物語です。最後には救済されるような雰囲気もありますが、限りなくドン詰まりの悲劇。ストーリーは至極簡単明瞭ですが、その分心理劇の要素もあって、歌手の顔の表情まで見逃せない。公爵夫人の斉藤純子は代役だったそうですが、終始冷酷な態度と、ほんの一瞬アンジェリカに手を差し伸べようとする瞬間との対比が鮮やかだったように思えます。キアーラ・イゾットンはアンジェリカを持ち役にしているだけに、見事な演技と歌を披露してくれました。最後に毒杯を仰いだ瞬間に「大罪」を犯したことに思い至り、必死に祈りを捧げるあたりは涙ちょちょぎれ、イタリア演歌に堕する寸前でクラシック音楽に引き戻された感がありました。修道女たちの合唱もお見事。演出の粟國淳は二国の舞台機構をフルに活用しながら、オーソドックスな舞台づくりで共感が持てました。

後半はラヴェルの『子どもと魔法』。これは演出の勝利。最初に子どもが暴れるシーンはプロジェクション・マッピングを用いて、乱暴狼藉の限りを尽す情景が描かれ、後半の様々な異形のものどもが反乱を起こす場面では、多くのバレエダンサーがキャラクターピースとなって、舞台の上で踊りまくる。とにかく楽しいプロダクションでした。子ども役のクロエ・ブリオのボーイッシュな立ち居振る舞いが、なかなかキュートでした。合唱もよかったですねぇ。オーケストラは沼尻竜典指揮の東フィルだったんですが、『アンジェリカ』では劇的な盛り上げ方、ラヴェルでは軽妙洒脱で粋な音楽で楽しませてくれました。


**************
昨日(10月4日)は一日中小雨が降ったり止んだり。大して強い降りではなかったものの、外に出れば濡れるといった感じで、雨量は16ミリほど。最高気温が21.4℃、最低気温が16.4℃と、やっと秋らしい気温になりました。今日も朝方は曇り空。今頃になってちょっと明るくなってきました。

この一角が最後に芝の種を蒔いた所。かなり裸地が埋まってきました。




朝方はどんよりと曇っていました。


意図して撮ったつもりはなかったんですが、昨日の雨が芝の新芽に乗っています。


かなり裸地は隠れてきました。






桔梗が最後の花を咲かせています。




マダム・アルフレッド・キャリエール


サハラ


マリーゴールドはこれからが本番。真冬まで咲き続けます。


パレード