巨大な重機がやってきた2023/10/23 11:32

朝から隣の現場がやかましいなと思ったら、こんなのがやってきた。










パレード


今日もピーカン


ドゥフトゴルト


芳純


ヴィオリーナ






レディ・ヒリンドン




ラ・フランス




クリムゾン・グローリー


スペクトラ




モーリス・シュヴァリエはフランス人には珍しくハリウッドで大成功した人物。折しも無声映画からトーキーに変わる時代に、銀幕のスターになったエンターテイナーでした。チャールズ・チャップリンが1889年生まれ。シュヴァリエはその半年前1888年の生まれ。まあほとんど同世代だったわけです。チャップリンはともかくシュヴァリエの声はちょっとしゃがれていますが、まあ美声の範疇。ちょうど『雨に唄えば』を地で行ったような話が映画業界の中では発生していたんでしょうねぇ。

オードリー・ヘップバーン、ゲイリー・クーパー、それにモーリス・シュヴァリエの共演した『昼下がりの情事』。シュヴァリエはヘップバーンのお父つぁん役。変な言葉を喋っていますが、一応あれでも英語です。

ゲイリー・クーパーがヘップバーンを抱きかかえて列車に乗せたあと、チェロを持って歩いてくるのがモーリス・シュヴァリエ。