11/19 ルイージ指揮N響でブルックナーの4番2021/11/20 12:23

昨日(11/19)は池袋の芸術劇場でN響を聞いてきました。指揮は新しく首席になる予定のファビオ・ルイージ。ブルックナーの4番一曲というプログラム。さてさて、どんな音楽をやるのかなと興味を持って出かけたんですが、まあいささか肩透かしを食らった感があります。冒頭のホルンのソロ、そつなく、ミスなく、さらっと吹いていましたが、何か音楽的に面白くない。ゆったりとした複付点のリズムって、通常はちょっと破格の感じがすると思うんですが、弾けないんですねぇ。第2楽章の静謐な祈りのメロディーは心に染み入る瞬間もありました。でも第3楽章の狩りのホルンになるとまた凡庸に。第4楽章も小ぢんまりとまとまって、雄大な自然を感じさせてくれるわけでもなく、緻密な彫琢が施されているわけでもなく、ただただ凡庸に流れていく。本当なら巨大なフィナーレを築き上げるはずなのに、あれは何だったんだろう、ミスを恐れて小さくまとまっちゃってるのかな。ともかく先が思いやられる演奏でした。

********************
本日もまたまたドピーカン。

そろそろ秋の薔薇が盛りをすぎたみたいです。






ドゥフトゴルト




アンナプルナ




パパメイアン


レディ・ヒリンドン




クリムゾン・グローリー


マルコ・ポーロ


ラ・フランス


ホワイトクリスマス


ヴィオリーナ


ピンクのドリフトローズ


赤いドリフトローズ


ハツユキカズラがいつの間にか赤く色づいていました。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ネコのクロかあちゃんとその娘のトムピリさん、二匹の関係は?
兄弟  親子  夫婦

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dede.asablo.jp/blog/2021/11/20/9441702/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。