長谷寺2022/04/05 22:47

室生寺から近鉄に乗って奈良というか大阪方面に2つほど戻った駅です。駅から寺まで1.5キロとかいう話でしたが、駅前にタクシーが停まっていたのでまたもや楽をしちゃいました。長谷寺も真言宗の総本山。花の御寺と呼ばれる豊山派の寺院です。




タクシーを降りて山門までの短い参道でいきなり枝垂れ桜がお出迎え。










小さな山門をくぐると、いきなり登廊(のぼりろう)の入り口になります。登廊は東大寺の二月堂にもありましたが、この寺では本堂まで延々と屋根付きの石段が続きます。




登廊の脇に植えられているのは牡丹。4月末から5月にかけて見頃になるそうです




途中から登廊の方向が変わって、段差も大きくなります。


今登ってきたところがよく見えます。


2回ほど登廊の方角が変わって最後は段差が一段と大きくなります。


やっと本堂に着きました。


春の特別公開ということで、十一面観音の足元の小部屋に入ることができました。本堂の内々陣というところのようです。狭いスペースから10メートルの観音様を見上げるような感じです。普段は本堂の中央の通路から眺めるようにできています。足元に跪いて一心に祈っている人がいました。(これはどこかの観光サイトからもらってきた画像です。)


本堂を通り抜けて振り返ってみる。


本堂は京都清水寺のような崖造りになっいて、広い舞台があります。しばし舞台からの景色をどうぞ。










花の向こうに五重塔が見えます。


本堂は清水のような崖造りです。







コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ネコのクロかあちゃんとその娘のトムピリさん、二匹の関係は?
兄弟  親子  夫婦

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dede.asablo.jp/blog/2022/04/04/9478832/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。