ミニアイリス開花2021/02/23 11:53

昼前には気温が15℃に達しましたが、4〜5メートルの北風が吹いていて、体感温度はかなり低い。手がかじかむ寒さです。

天気は快晴です。




今シーズンは雪もほとんど降らず、雨も極端に少なかったので、週に2回ぐらいは土がズブズブになるくらい水を撒いていました。そのおかげで芝生の緑の回復がかなり早くなっています。




マーガレットの蕾


黄色のクロッカスが次々と開花しています。




紫絞りのクロッカスも咲き始めています。


今日はミニアイリスが一輪咲いていました。




ヴァレンティーナ・リシッツァのピアノでショパンのエチュードOp.10-3。日本では「別れの曲」と呼ばれています。これは映画の題名か何かに由来しているんだそうだ。フランスではTristesse(悲しみ)と呼ばれます。


で、その映画。ドイツ映画なので、ショパンが主人公なのに登場人物はドイツ語を喋っています。原題はドイツ語でAbschiedswalzer(別れのワルツ)、俳優を入れ替えて制作されたフランス語版では、La chanson de l'adieu(別れの歌。日本では昭和10年にフランス語版が公開されたんだそうで、この「別れの歌」から「別れの曲」という翻訳題名になったのかもしれません)。余談ですが前奏曲第6番は『雨だれ』と呼ばれます。これは万国共通でどこへ行ってもRaindropです。ジョルジュ・サンドが命名したんだとか。

コメント

_ おこちゃん ― 2021/02/23 14:05

デデさん、てっきり「別れの曲」は万国共通だと思っていました。
そして、映画の予告、続けて見ていたらリストが「英雄ポロネーズ」を弾いているシーンが!そしてショパンも加わり…おお!
どんな会話をしながら弾いているのか、気になりました(;^ω^)

_ デデ ― 2021/02/23 17:36

晩飯何にする?
中華かなぁ。
パリだからフレンチもんめぇぞ。
和食はあっさりし過ぎるし…


「別れの曲」という題名は日本では人口に膾炙してますからねぇ。1930年代にはいろいろ「楽聖」物が作られたみたいです。その中でも特に有名なのが、『未完成交響楽』。「わが恋の終わらざるごとく、この曲も終わらざるべし」の名セリフで締めくくられる、ホントにいい映画でした。

https://www.lib.tokushima-u.ac.jp/m-mag/mini/089/89-1.html

_ おこちゃん ― 2021/02/23 22:26

爆笑! でも、それは(ヾノ・∀・`)ナイナイww

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ネコのクロかあちゃんとその娘のトムピリさん、二匹の関係は?
兄弟  親子  夫婦

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dede.asablo.jp/blog/2021/02/23/9349980/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。