初夏の奥日光(千手ヶ浜、菖蒲ヶ浜)2017/06/03 15:21

中禅寺湖の西の端、国道から一番遠いあたりに千手ヶ浜という入り江があります。6月からは遊覧船も立ち寄る浜なんですが、5月は歩いて行くか、竜頭の滝のちょっと上、戦場ヶ原の入り口にある赤沼というところから、1時間に1本の低公害バス(ハイブリッド車)に乗って、一般車両が乗り入れできない道を行くことになります。戦場ヶ原、小田代原、西ノ湖などを経由して30〜40分ほどで千手ヶ浜に到着。途中は合図すればどこでも乗り降りできるという優れもので、運賃は300円也。途中で乗り降りするお客さんも結構いました。土日は混むんでしょうが、この日は平日だったので、客は立派な山のお道具をお持ちの中高年の皆様ばかりで、大型バスの座席の半分ほどが埋まっていたでしょうか。


千手ヶ浜のバス停から5分ほど歩くと浜辺に出ます。浜の目の前では巨大な建築工事が進行中。一体何事かと尋ねてみると、遊覧船を作っているところなんだそうだ。途中たくさんガスボンベを積んだトラックがやってきたなぁと思っていたら、溶接用のガスだったんですね。考えてみりゃ、湖の一番人目に付かない場所で船を作るってのは理にかなっている。船はトラックで運べるものでもなし、きっと箱根の海賊船なんかも、芦ノ湖の人目に付かないところで作ったんでしょうね。

千手ヶ浜の浜辺。正面は男体山。

湯川とは別に、このあたりで2本ほど川が中禅寺湖に流れ込んでいます。

2本目の川を吊り橋で渡ると、伊藤さんという個人宅があって、多分農業と、マスの養殖なんかをやっているらしい。その敷地というか庭というのか、それが得も言われぬ美しさ。近くの川の流れを利用して養魚場をやっているんだと思いますが、その水が湖に流れ込むまでの数百メートルほどの間に別天地が広がっています。

川辺に咲いているのはクリンソウ。

花茎の先に9輪の花がつくということなんでしょうけど、もうちょっとたくさんついているように見えます。




作業服姿の(たぶん)伊藤さんと話をしたら、この先の千手観音堂の手前に野生のクリンソウの群生地があって、ちょうど見頃だというんですが、行ってみたら昨晩のうちに鹿に食べられてしまったらしく、数本の花枝しか見つけられませんでした。葉っぱはたくさん残っていたので、食べられる前はさぞかしきれいだっただろうと想像はつきましたが、いや、残念。



観音堂からまた伊藤さん宅を通り抜けて、千手ヶ浜に戻ります。

そのまま次のバスを待って帰ることもできますが、帰りは中禅寺湖の北岸沿いに菖蒲ヶ浜まで歩いてみました。このあたりはハイカーもほとんど来ない深い原生林。倒木も目につきますが、道をふさがないようにうまく倒されていれ、とても歩きやすく整備されています。ここは熊窪と呼ばれるあたり。巨木が何本も生えていました。

かと思うと突然美しい砂浜に出てきたりもします。ん〜む、行ったことないけど、ハワイみたいかな?

上り下りを繰り返しながら、概ね湖畔沿いに菖蒲ヶ浜まで戻ってきました。向こうに見えるのは最初の日に訪れたボートハウス。菖蒲ヶ浜からはキャンプ場の駐車場を抜けて5分も歩くと竜頭の滝に出ます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ネコのクロかあちゃんとその娘のトムピリさん、二匹の関係は?
兄弟  親子  夫婦

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://dede.asablo.jp/blog/2017/06/03/8584099/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。