クリムゾン・グローリー、マリーゴールド開花2017/05/03 16:02

今日も比較的いい天気。気温は23℃まで上がりました。


今日はHTの先頭を切って、クリムゾン・グローリーが開花。

きれいな花の形です。



水を撒いていたら、マリーゴールドが咲きかけているのを発見。まだまだノースポールが優勢ですが、ちょうど冬と夏の境目にさしかかったということでしょう。ちなみに夕べは八十八夜でした。

北西側の花壇。

今年は「古流の植え込み」と呼ぶことにしよう。


いい天気ではあるんですが、ちょっと薄雲がかかったような日差しです。



ツツジの花がかなり汚らしくなってきました。

明日がゴミの日ということもあって、バッサリと刈り込みました。風通しがよくなったかな。


芝生は金曜か土曜あたりに刈ることになりそうです。

去年屋上で発見したハゼノキ。かなり葉っぱが出てきました。葉っぱの形をよく見ると、ヌルデではなくて、本物のハゼノキのようです。漆毒に気をつけないと・・・

稲穂のような球根植物、イキシアが次々と開花しています。



茎が細くてひょろっと伸びるんで、どうしても倒れてしまいます。これでも細い針金でくくってあるんですが・・・

マダム・アルフレッド・カリエール

かなり開いてきました。

オダマキ

白いのもなかなかいいかな。

シルクジャスミンの実が赤く色づいてきました。

つるバラ、スペクトラの蕾。




今日はマリア・カラスで『チェネレントラ』。ソプラノの人ですから、アルトの歌手とは装飾の付け方が全然違いますねぇ。