亀戸天神の藤2017/05/02 17:32

今日はふと思い立って亀戸へ。もちろん天神様の藤を見に。最高気温23℃でドピーカン。直射日光はかなり強烈でしたが、日陰に入ると空気はひんやりとしていました。


連休谷間の平日なんですが、ものすごい人出。

天神様の細道はラッシュアワーの駅のよう。



藤の花は見頃を過ぎて、ちょっとくすんでいるかな。



亀戸ですから、その文字通り池にたくさん亀さんが生息しています。左は鷺かな?


池の上に藤棚をしつらえているのが面白い。

天満宮ですから「梅」もつきものです。

そして天神様といえば「うそ」。130円の通常切手の図柄にもなっている小鳥です

取り替える「うそ」はこちら。実際の小鳥をかわいくデフォルメしています。

これが社殿かな? 正面の唐破風がいかにもって雰囲気を醸し出しています。

天神様といえば「牛」も有名。みんな撫でていくみたいで、ところどころ光っています。

太鼓橋は2つ架かっています。






ゴッホが愛した歌川広重の描いた「梅」は、正式には「亀戸梅屋鋪」というんだそうで、その梅屋敷は今の亀戸天神の北東裏手にあったんだそうです。


帰りがけに新緑の根津神社に寄ってみました。

今年は遅いのかな? ツツジはほとんど咲いていませんでした。



ジョイス・ディドナートで今日もやっぱり『チェネレントラ』